消えゆく小型ハッチ ビジネスの足かせ? 絶滅の危機、救うには

2019.04.07

サマリー

シティカーは絶滅の危機に瀕しています。販売利益は小さく、コストは上がるばかりの現在、各メーカーからシティカーのラインナップ落ちが目立っています。シティカーを救うべく考えられている解決策を検討してみました。

もくじ

シティカーを守るには
複数のブランドで協力
すべてのシティカーをEVに
カーシェアリング
新しいモビリティサービス
これからもシティカーは必要

シティカーを守るには

状況ははっきりと苦しい。「もしヨーロッパでさらに法律が厳しくなれば、フォルクスワーゲン・アップサイズで採算がとれるクルマはなくなるでしょう」先のジュネーブ・モーターショーで本誌に語ったのはフォルクスワーゲン営業マーケティング部門トップのユルゲン・スタルクマンだ。

これは自動車業界の至る所で呟かれていることだ。CO2排出量を減らし、最低安全基準の引き上げを定めた法律がもうじき施行され、これによってただでさえ薄利で販売されていたモデルのコストも更に引き上がる恐れがある。シティカーは絶滅の危機に瀕しているのだ。

ある情報筋によると、とあるシティカーを販売してもメーカー、販売店が得る利益はわずか100ポンド(1万5000円)ずつだという。整備でも100ポンド(1万5000円)ほどの利益が得られるというが、シティカーは比較的安価でランニングコストも安いので、2年以上認定フランチャイズネットワークを使う顧客はほとんどいない。そのため利益を得る機会を失っている。

では、シティカーを守るにはどうすればいいだろうか。

 

人気記事