ニュース

2019.03.07

フィアット 次期500を来年のジュネーブで公開 EVモデル「500e」も

編集部より

フィアットは来年のジュネーブモーターショーにて次期フィアット500を発表すると明らかにしました。次期500のラインナップには電気自動車の500eや、ワゴンの500ジャルディニエラも登場するとのことです。

もくじ

改革進むフィアットのラインナップ
名車、コンパクトEVとして新時代リード

改革進むフィアットのラインナップ

パンダから着想を得たチェントヴェンティコンセプトを発表したジュネーブモーターショー2019の場において、フィアットは次期500のローンチを来年のジュネーブにて行うと発表した。

次期500はフィアットの欧州でのイメージをコンパクトEVブランドとして位置付ける重要な役目を担う。また、3ドアワゴンの500ジャルディニエラも復活する予定だが、来年のジュネーブにて登場するかは明らかとなっていない。

EV版の500eのローンチに先駆けて、今年中にはマイルドハイブリッド版の500が登場する予定だ。

今回のラインナップ拡大は、フィアットが小型車のセグメントにおいて存在感を示すことが狙いだ。現状では500とパンダが市場の3分の1の需要を独占しているが、新たな技術を投入することで排ガス規制にも対応する狙いがある。

それと同時に、販売が振るわないモデルの廃止も行われる。13年間生産が継続されたプントはもちろんのこと、まだ確かではないがティーポも廃止される可能性がある。

 
最新海外ニュース