BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外初試乗

2019.03.14

ミニ・クーパーSE EVミニに初試乗 不変のハンドリング

ミニ・クーパーSE

編集部より

ミニ初となる量産型EVのプロトタイプに試乗しました。クーパーSEと名付けられたこのクルマは、ガソリン仕様のクーパーSとほぼ同等のスペックを持ちます。EV化による重量増は比較的小さく抑えられ、ミニらしいハンドリングが残されています。

もくじ

クーパーSと同等スペック
i3と共通部分多し
各所に見えるEVらしさ
ミニらしさは維持
ミニ・クーパーSEのスペック

クーパーSと同等スペック

10年の時を経て、ようやく電動ミニの発売が見えてきた。今回のプロトタイプ試乗は、今年末の発売を見据えてのものだ。ミニ・クーパーSEと名付けられたこのクルマは、192psのクーパーSと同等のEVだということだ。184ps、27.5kg-mというスペックはクーパーSの30.6kg-mよりは若干劣るが、ほぼ同等といえる。

2013年にも電動ミニのコンセプトが登場したが、500台が実際に販売されたのだ2009年のミニEプロジェクトはより先鋭的なものであった。今回の量販型ミニEVは2009年のミニEに近いものだ。瞬時に湧き出すトルクによる加速、そしてアクセルオフでの回生ブレーキなどが特徴だ。

しかし、以前とは異なる点もある。以前のミニEではバッテリー搭載のため排除されたリアシートや荷室がきちんと確保されているだけではない。このモデルのバッテリーはもともと燃料タンクが搭載されていた場所に設置されているため、そのボディにはほとんど変更が加えられていないのだ。

しかし、親会社のBMWはバッテリーのエネルギー密度の進化はそれほど早く進まないと考えているようだ。実際に搭載されるバッテリーはBMW i3の94Ahよりもやや小さい92Ahとなる。そして乗車位置は若干引き上げられることになるようだ。ただし、SEの重心高はクーパーSよりも低く、シャープなハンドリングは不変だ。

next pagei3と共通部分多し

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ