BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.03.30

アンダー100ps パワーがなくても楽しめる乗り物5種 どれを選ぶ?

スマート・ロードスター/ロータス6/トライアンフ・スラクストンR/ルノー・トゥイージー/カサット・スペシャル

編集部より

ホットハッチでは300psが当たり前、スーパーカーは600psが普通という時代になりました。そんな中、100ps以下で楽しめる乗り物を探してみることにしました。今回はクルマだけではなく、バイクや飛行機などあらゆる乗り物を比較検討してみました。

もくじ

100ps以下で楽しめる乗り
スマート・ロードスター・クーペ・コンバーチブル
ロータス6
トライアンフ・スラクストンR
ルノー・トゥイージー
カサット・スペシャル
勝者は?
番外編:他の候補車たち

100ps以下で楽しめる乗り物

数週間前、わたしは新型のメルセデス-AMG A35に試乗する機会を得た。非常に良くできており、インテリアは洗練され、そしてなにより速い。310psの2.0ℓターボを搭載し、0-100km/h加速は5秒以下だ。メルセデスはこれに引き続いて400ps超のA45を投入してくるだろう。

これはA35の25%増しのパワーだが、楽しさも25%増しになるのだろうか。もちろん、そんなことはない。A35自体、確かに正確かつ速いが、楽しさの塊というわけではないのだ。

馬力競争はすでに手に負えない領域にまで達している。150ps以下のホットハッチや、600ps以下のスーパーカーがあっても良いではないか。パワーアップは重量増につながっているのだから。

シトロエン2CVや昔のミニ・クーパーSに乗ってみれば、楽しく走るために過剰なパワーは必要ないとわかるだろう。実際、100ps以下で楽しめるクルマは多数存在するのだ。そこで今回、この100psという数値を基準に、楽しめる乗り物を探してしてみることにした。クルマに限らず、バイクやその他の乗り物も含まれている。例えば飛行機、パイパー・カブはわずか66psしかないが、非常に楽しく飛ぶことができる。

これを証明するため、われわれはいくつかのマシンを購入した。この中に100psを上回るものはなく、その半分以下しかないものもある。中でもこの飛行機のパフォーマンスは注目に値する。

next pageスマート・ロードスター・クーペ・コンバーチブル

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ