【グローバル戦略変更】フォルクスワーゲン グループ全体のエントリー電動モデルの開発を主導

2020.05.08

サマリー

VWが、MEBエントリー・プロジェクトの開発を担当することがわかりました。最近のグループ内人事および中国戦略の変更に伴い、セアトから引き継ぐことが決まったようです。VWの経験と予算の活用が期待されています。

もくじ

新しいエントリーレベルの電気自動車プロジェクト
MEBエントリー・プロジェクト

新しいエントリーレベルの電気自動車プロジェクト

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)

フォルクスワーゲンが、セアトに代わり、グループの新しいエントリーレベルの電気自動車プロジェクトの開発を、担当することが明らかになった。

VW e-Up!、セアトMiiエレクトリック、シュコダ・シティゴーe iVの、後継モデルを開発するために立ち上げられたこのプロジェクトは、現在、VWの直接の管理下に置かれると予想されている。

VW e-Up!
VW e-Up!

この移行により、より大型のMEBプラットフォームのエンジニアリングの経験と規模の大きな予算を、活用することが可能となる。

MEBプラットフォームは、VW ID.3、セアト・エルボーン、シュコダ・エンヤックなど、VWグループによって計画された、幅広いEVモデルに採用されている。

オートモーティブニュース・ヨーロッパは、セアトの公式声明を引用して、今回の移行は「ブランド、生産システム、およびマーケットに関する、VWグループのグローバル戦略改訂の一環として決定された」と報じている。

MEBエントリー・プロジェクト

MEBエントリーという名前で知られるこのプロジェクトは、VWグループの新たな中国のパートナーであるJAC(江淮汽車)とセアトが、共同で開発してきた。

セアトの元CEOルカ・デメオのルノーへの移籍や、VWグループの中国事業の再編など、最近の変化により、プロジェクトの開発計画が変更されることとなった。

ジェッタ VS7
ジェッタ VS7

JACとVWの合弁企業である「江淮大衆汽車有限公司」では、電気自動車の開発がすでに進められている。

中国市場向けのブランド「Sol」のモデル「e20x」は、JAAC iEV7Sをベースとしており、116psのモーターを搭載し、300kmの航続距離を達成する。

2021年に中国市場への参入を計画していたセアトの、合弁パートナーとして、JACが選ばれていたものの、VWグループの新しい中国向けブランド「ジェッタ」の導入成功により、セアトの計画が延期されている。

VWがエントリーレベルの電気自動車プロジェクトの開発で、JACとの協力を継続するかどうかは、まだわかっていない。

VWグループのスポークスマンは、MEBエントリー・プロジェクトの担当変更は「セアトの中国マーケットへの参入延期が関係している」と述べている。

「セアトが、JACとの協力関係を継続する意味がなくなったためです」と付け加えた。

 

人気記事