【まさかの0台】インド、2020年4月の新車販売はゼロ 新型コロナウイルスの都市封鎖で

公開 : 2020.05.08 11:50

インドの今年4月の新車販売が、「0台」という結果に終わりました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、インド政府が全土にわたるロックダウンを実施。3月下旬から販売店は閉鎖されています。

昨年同月は24万台

インドの自動車市場が、歴史に残るような苦い経験をした。

2020年4月。人口13億人を数えるこの国で、主要自動車メーカーの新車販売台数は0台を記録した。

インド・タタ社のSUV、タタ・ハリアー。
インド・タタ社のSUV、タタ・ハリアー。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐために、3月25日には全土でロックダウンがはじまった。これは世界的に見ても大規模なもので、工場や販売店を休止することになり、新車市場は厳しい局面を迎えている。

昨年4月の新車販売台数(乗用車)は24万7541台を記録したマーケットが、完全にストップしたのだ。

一方で、光も見えてきた。インド国内の工場で、生産再開の動きが出始めているのである。

また、ワールドワイドな活動を行う自動車産業だけあって、インドに拠点を置く海外メーカー(スズキ、ホンダ、BMW、FCAなど)が、新型肺炎に苦しむ人々を支える活動を行っている。

医療機関への資金援助、人工呼吸器の製造、防護具の生産など、その輪は広がりつつある。