【無冠の帝王に捧ぐ】マセラティMC20 スターリング・モス特別ペイント プロトタイプを公開 今年後半発表

公開 : 2020.05.14 19:20

マセラティが、MC20の特別ペイント版を公開しました。英雄スターリング・モスに捧げられたこの車両は、今年後半に発表される、MC20のプロトタイプであり、量産モデルは、2席のハイブリッドとなると予想されています。

もくじ

MC20スポーツカー
今年後半、発表

MC20スポーツカー

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

マセラティは、最近亡くなった無冠の帝王、スターリング・モスに敬意を示し、特別ペイントを施した、MC20スポーツカーのプロトタイプを披露した。

この特徴的なカモフラージュ・ペイントは、1958年にモンツァ・サーキットでモスがハンドルを握り、デビューを飾った、同社の歴史あるエルドラド・シングルシーターのペイントにインスピレーションを受けている。

マセラティMC20 プロトタイプ、エルドラド、250F
マセラティMC20 プロトタイプ、エルドラド、250F

特別モデルは、モスが「お気に入り」と語っていたマセラティ250Fで、1956年にモナコGPを制覇した日と同じ、5月13日に披露されている。

MC12ハイパーカーの世界的な成功を受けて、モータースポーツ界への回帰の意図を示すモデル、MC20のプロトタイプを、モスへ捧げるモデルとして選んだと、マセラティは述べている。

同社は、新しいスポーツカーが、マセラティコルサ・バッジを着用した限定版MC12から、「自然な進化」を遂げたモデルとなると語っている。

今年後半、発表

昨年11月、同社はアルファ・ロメオ4Cベースの開発車両を使用し、公道でのパワートレインのテストを開始している。

このテスト車両は、「マセラティによって開発および製造された、まったく新しいパワートレイン」を搭載するために使用されていた。

マセラティMC20 プロトタイプ
マセラティMC20 プロトタイプ

一方、最新の画像に写っているプロトタイプは、量産モデルに近いボディワークをまとっているように見える。

この新しいモデルは、2018年に生産が予定されていた、2014年のアルフィエーリ・コンセプトカーの、量産バージョンであると予想されていたが、前者は、フロントエンジンの2+2シートレイアウトのクーペであったが、テスト車両はミドエンジンの2人乗りのように見える。

パワートレインの詳細は明らかにされていないが、同社が最新の事業計画を発表した際に、「電動パワートレイン」に対応するため、モデナの生産ラインをアップグレードすると述べている。

何らかの形のハイブリッドユニットとなる可能性が高いが、完全な電動バージョンの提供も期待されている。

今年後半に発表される新しいマシンは、2015年以来のまったく新しいマセラティ・モデルとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事