ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

英国史上最高のドライバー、スターリング・モスの軌跡たどる マセラティとともに

2018.07.01

100字サマリー

無冠の帝王として知られる英国最高のドライバー、サー・スターリング・モスですが、彼を彼たらしめるのはたぐいまれな才能と不死鳥のごとき不屈さです。お供にピッタリのマセラティ・グランツーリスモMCをつれて、その輝かしい成功のゆかりの地をたずねます。

もくじ

英雄スターリング・モス
グランツーリスモMCで北部へ
4WDでのF1優勝の地 オウルトン・パーク
速くはないが、長距離向きのマセラティ
シルバーストンへ
カッスル・クーム モスがクラッシュした地
最終目的地 グッドウッド
英国最高のドライバー

英雄スターリング・モス

サー・スターリング・クローフォード・モスは若い頃、「ボーイ・ワンダー」として知られた。そのうちに、「ミスター・モーターレーシング」として知られることになる。統計学が証明できるものなんてないことを証明したければ、彼が1度もF1チャンピオンを獲れなかったことを持ちだせばじゅうぶんだ。

それでも、1958年にはもうすこしで王座につくところだった。マイク・ホーソーンの1勝に対し、モスは4勝もあげたのだ。ホーソーンは同年のポルトガルGPでコースの逆方向にマシンを押したとして一度は失格とされ、タイトルのチャンスを失ったかと思われた。

ところが、モスはライバルの異議申し立てについて、「ホーソーンがマシンを押していたのはコース外だった」と証言したのだ。モスはホーソーンに7ポイントをプレゼントしたことになり、唯一の年間タイトル獲得のチャンスを逃した。

そのように数えきれないほどの功績を超えたところに、わたしが友人とよべるようになるはるか前から、モスがわたしの英雄でありつづける所以があるのだ。

なぜ今さら? と思われるかもしれない。かんたんなことだ。長い闘病生活をへて88歳となったこのたび、モスは表舞台から身をひいた。彼が人生でもっとも輝いた時期をすごしたイギリスの各所をおとずれるのには良い頃合あいだと思ったわけだ。

足としては、やはり彼がレースを戦ったブランドのクルマにしたかった。すなわち、BMW、メルセデス、アウディ、ポルシェ、ジャガー、アストン マーティン、マセラティ、フェラーリ、リスター、ロータス、MG、そしてクーパーも入れていいならミニもだ。

 
最新試乗記