【重箱の隅を突いてみる】スズキ・スイフト・スポーツ(5) 長期テスト

公開 : 2020.07.18 07:20

歴代で初めて、ターボエンジンを搭載した新型スズキ・スイフト・スポーツ。クラス・ベストのライバルと競える、運転が楽しくシンプルなホットハッチという個性のままなのか、長期テストで英国編集部が確認します。

積算8645km 雨の日のボディカラー

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)/Matt Burt (マット・バート)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
土砂降りの高速道路M5。グレーやシルバー、ホワイトのボディ色のクルマは雨や水しぶきに溶け込む。お互いに気づかず、危うい場面を何度か目撃してしまった。

一方で、派手なチャンピオン・イエローのスズキ・スイフト・スポーツに気づかなかった人は皆無。安全性能評価のユーロNCAPは、鮮やかな色のクルマへボーナスの星を与えても良い。

スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)
スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)

積算9916km 空気圧センサーの誤報

運転の楽しいスイフト・スポーツ。だが最近は、タイヤの空気圧低下を知らせる警告が誤報を繰り返し、楽しみを邪魔している。

何度もタイヤの空気圧を調べ、推奨される圧力に調整しているが、断続的に空気圧が足りないと判断してしまうようだ。フロントタイヤは充分に空気で膨らんでいる。おそらく、センサーの故障だろう。

スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)
スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)

積算1万853km スイフト・スポーツの気になる部分

歴代で初めてターボを搭載した、スズキ・スイフト・スポーツは、シンプルに楽しいクラス最高のホットハッチと渡り合えるのか。これまで派手な黄色いスズキで、1万kmを超える距離を走ってきた。

これまで順調に、難なく距離を重ねきた。しかし、一切の不満もなく褒めているだけでは、レポートは退屈なものになってしまう。筆者が気になる部分を挙げてみよう。

スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)
スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)

エアコンのダイヤルと赤いレブカウンター

例えばエアコンのダイヤル。ダイヤルが3つ並んでいるように見えるが、中央の丸い膨らみはダイヤルではない。両脇は、風量と温度を調整する実際のダイヤルだが、中央は同じ形状をしたエアコン用のモニターだ。

筆者は何度も、走行中に手探りで温度を変えようとして、中央のダイヤルの形をしたモニターへ手を伸ばしてしまった。走行中はできるだけ進行方向から目をそらさず、直感的に操作できるべきだと思う。

スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)
スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)

もう1つ、ホットハッチらしさを求めるあまり、スズキはスイフト・スポーツへ少々旧式的な手法を与えすぎたように感じる。スポーツカーには、赤いレブカウンターの文字盤が必要だとは限らない。50rpm刻みの細かい目盛りも、本当にいるだろうか。

相当にホットな気持ちを持ったドライバーでも、走行中の2150rpmと2200rpmの違いは感じ取ることができないだろう。もっとシンプルで良い。

前回記したタイヤの空気圧センサーだが、一転して最近は鳴らない。センサーが誤検知していただけのようだ。

先日、筆者はスイフト・スポーツにパーキングセンサーも付いていると勘違いして、立体駐車場のフェンスにぶつけてしまった。幸い、鉄やコンクリートではなく木製だったから、特に跡は残らなかったけれど。

いい訳がましいが、パーキングセンサーは小さなクルマにも付いていて良い装備だと思う。オプションのリバースカメラを装備すれば済む、とスズキは弁明するかもしれないけれど。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事