【暮らしに見事に溶け込むSUV】トヨタ・ランドクルーザー(最終回) 長期テスト

公開 : 2020.08.16 11:50  更新 : 2021.01.28 18:17

実用重視の四輪駆動を日常の足として利用すると、どんな体験が得られるのでしょう。本格SUVだからこその、嬉しいサプライズもあるはずです。日本未導入の3ドア版ですが、ランクル・プラドを英国編集部が長期テストで検証します。

もくじ

積算4万5785km 高速走行時の燃費
積算4万9297km 速度を上げるほど増す一体感
最終回 新型ディフェンダーの登場
筆者の暮らしに見事に溶け込んだ
素晴らしい長距離クルーザー
部品の耐久性にも優れ、故障知らず
セカンドオピニオン
テストデータ

積算4万5785km 高速走行時の燃費

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
英国仕様のランドクルーザー・プラド 3ドア。ディーゼルエンジンの平均燃費は11.0km/L程度だが、高速道路の巡航走行でどの程度まで伸びるのか、確かめてみた。

残念ながら、2300rpmの回転数で届く112km/hを保って走行しても、燃費はほとんど変わらなかった。早めのシフトアップと、エンジンの回転数を2000rpm以下に保った走行をしなければ、燃費は伸びないようだ。

トヨタ・ランドクルーザー・プラド・ユーティリティ 3ドア(英国仕様)
トヨタ・ランドクルーザー・プラド・ユーティリティ 3ドア(英国仕様)

積算4万9297km 速度を上げるほど増す一体感

先日、アリエル・ノマドなどのビデオ撮影のために、サポートカーとしてランドクルーザーに出番がやってきた。ウェールズの森林に囲まれたサーキットを、同じように走らせてみた。

撮影したクルマと同じように、速度域を上げるほど走りに一体感が出るとわかり、うれしい発見だった。そのぶん、ボディは相当汚れてしまった。

トヨタ・ランドクルーザー・プラド・ユーティリティ 3ドア(英国仕様)
トヨタ・ランドクルーザー・プラド・ユーティリティ 3ドア(英国仕様)

最終回 新型ディフェンダーの登場

新しいランドローバー・ディフェンダーがいよいよ発売された。素晴らしいクルマだと思う。でも、このランドクルーザーのことも忘れないで欲しい。

長期テストで乗ってきた、トヨタ・ランドクルーザー・プラド 3ドア。ディフェンダー90と同等の体験ができる。比べれば一部は良いが、一部は良くない。

車両価格もランニングコストも、ランドクルーザーの方が少なくて済む。見た目は、ディフェンダーとどちらが良いか、好みは分かれるだろう。

筆者の暮らしに見事に溶け込んだ

長期テストのランドクルーザーは、英国ではユーティリティと呼ばれるベースグレード。価格は3万3995ポンド(458万円)で、オプションはメタリック・グレーの塗装のみ。

トヨタからやって来た時は300km足らずの走行距離だったが、返却時には6万kmを超えていた。そのほとんどの距離は、筆者が運転してきた。

トヨタ・ランドクルーザー・プラド・ユーティリティ 3ドア(英国仕様)
トヨタ・ランドクルーザー・プラド・ユーティリティ 3ドア(英国仕様)

今まで乗ってきたクルマの中で、一番距離を重ねたクルマだと思う。筆者が個人的に7年間所有している、初代のランドローバー・ディフェンダーを除いて。それだけ、沢山の場所へ向かったということだ。

ランドクルーザーが、筆者の暮らしに見事に溶け込めたということでもある。並外れたオフロード性能を備えていながら、ファミリーカーや通勤の足としても、素晴らしいクルマだった。

このランドクルーザーは5シーター。頭上にも膝周りにも、充分な広さがある。リアシートの背もたれは、リクライニングもできる。荷室容量は380Lと不足なく、分割式のリアシートをたためば、さらに広げることもできる。

オフロード性能を担保するため、荷室の床面は高い。リアハッチは、スペアタイヤを載せる前提で、横開き。リアウインドウにヒンジが付いていて、ハッチ自体とは別に開くことができた。

堅牢なセパレートシャシーで構成された四輪駆動だが、舗装路での洗練性や快適性も良かった。同僚は高速道路での揺れを、牛が草を噛んでいるように動く、と表現した。少し大げさだと思うが、伝えたいことはわかる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事