【より洗練された走りを実現】レクサスLS、改良新型 欧州で発表 安全面も改善

2020.09.21

サマリー

レクサスはフラッグシップセダン「LS」に改良を施した2021年モデルを英国でデビューさせました。サスペンションやシートを改良したほか、運転支援システムも強化。乗り心地と走行性能、安全性を向上させています。

もくじ

乗り心地と走りを洗練
運転支援システムを強化

乗り心地と走りを洗練

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

レクサスは、新たな装備とスタイリングの刷新を施した高級サルーン「LS」の2021年モデルを英国で発表。「よりスムーズな走行性能」を特徴としている。

レクサスによれば、BMW 7シリーズのライバル車として改良を受けたLSは、2020年末に英国で発売される予定で、「ブランドのフラッグシップとしての地位を強化する」という。

レクサスLS
レクサスLS    レクサス

最も重要なのはハイブリッド駆動システムの改良だ。

レクサスは、平均的なLSの走行時間の90%がノーマルモードによるものであり、ドライバーは中程度のアクセル操作しか行わないとして、ノーマルモードでのドライビング体験向上を目指している。

ハイブリッドシステムによるアシストレベルを上げることで、加速に必要なスロットルの操作量を減らし、「よりスムーズでリニアな」加速カーブを実現したという。

その結果、LSはより快適な街乗りを実現し、ワインディングロードや坂道発進時にも効果を発揮するとしている。

バッテリーの出力向上の恩恵として、3.5L V6ガソリンエンジンが低回転域で動作する時間が増え、騒音や振動を低減するとともに、シャープな加速とシフトタイミングの改善により、ダウンシフトの頻度を低減させている。

また、LSのトレードマークである乗り心地の良さと洗練さを向上させるため、減衰力を低減した新しいアダプティブ可変サスペンションシステムを採用。

エンジンマウントを変更したり、身体に伝わる振動を低減するためにシートの厚みを増やしたりしたほか、タイヤのサイドウォールの剛性の低減などが行われている。

 

人気記事