【定評を継げるのか】フォルクスワーゲン・ゴルフGTIへ英国試乗 レシピが違う8代目 前編

公開 : 2020.10.10 10:20

これまで以上に洗練され、速く、引き締められた8代目VWゴルフGTI。沢山の興奮が得られるものの、成熟の進んだホットハッチという、従来までの定評を受け継ぐには不十分だとする英国編集部。英国の一般道で評価しました。

もくじ

8代目は従来どおりのレシピではない
ハード面は全面的に改良
高性能なロードカーというGTIの強み

8代目は従来どおりのレシピではない

text: Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
左ハンドルながら、最新の8代目フォルクスワーゲン・ゴルフGTIを英国で評価する機会が来た。最新のゴルフ・ファミリーとして、早々の登場となったGTI。その重要性を示している。ゴルフというモデル全体の収益にも、影響するグレードなのだ。

抑制の効いた知的なチューニングをゴルフに施し、40年以上の時間が過ぎた。ホットハッチの中でも、GTIは幅広い魅力を備えてきたと思う。フォルクスワーゲンにとっても、ビジネス上大切な存在になっている。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(欧州仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(欧州仕様)

世界中の大手自動車メーカーが、長期的に商業的な成功を納められる、高性能バージョンを欲している。多くのメーカーが模倣し、いくつかのメーカーは失敗している。フォルクスワーゲンは、最新版をどう進化させたのだろうか。

ゴルフのGTIといえば、デザイン面では上品のアップデートがお決まり。縦に伸びたグリルが特長だった5代目や、見慣れたグリルを取り戻した6代目、濃い顔になった7代目まで、見た目の差別化は小さいものだった。

8代目のゴルフGTIには、一度ドイツで試乗している。最新版でも、日常的な運転の楽しさは保証されている。丁度いい動的性能は、GTIの核心部分でもある。

しかし、フォルクスワーゲンは少しの冒険もしている。先代以上に、強いエンターテインメント性を持たせよう、という意図が見える。 従来どおりのレシピではないようだ。

ハード面は全面的に改良

ドイツの試乗では、ゴルフ7.5と呼ぶ以上の技術的な進化を確認した。基本的なハード面での構成は見覚えある内容ながら、すべてに改良が加えられたといっていい。

EA888型2.0L 4気筒ターボエンジンは、燃焼系と排気系の制御が見直され、高圧の燃料インジェクション・システムを獲得。8代目ゴルフGTIの最高出力は、7代目GTIパフォーマンスと同等にまで高められている。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(欧州仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(欧州仕様)

トランスミッションは、従来どおり6速MTと7速デュアルクラッチATが選べる。GTIとしては新しく、7速DCTにはバイワイヤーでの変速技術が投入された。

これまではオプションだった、XDS+と呼ばれる電子制御のLSDは、8代目GTIでは標準装備。ハンドリングを向上させるため、新たにチューニングも受けている。

ホイールは最大で19インチまで大きくできる。タイヤは幅235の、ブリヂストンが専用開発したもの。

DCCと呼ばれるアダプティブ・ダンパーはオプションのまま。しかしこれも再調整を受け、姿勢制御と乗り心地は向上。ソフトでしなやかな街乗りから、タイトで張り詰めたワインディングまで、足回りの設定をより明確に選べるようになっている。

多くの改良が加えられているわけだが、特に大きな変化といえるのが、サスペンションとステアリング。より「レーシー」な味付けになっている。

 

人気記事