【2つの大ニュース】三菱エクリプス・クロス2020年型、見た目が大変化 PHEV追加 アウトランダーとの違いは

公開 : 2020.10.17 05:50

三菱エクリプス・クロス2020年型の試乗記です。厳密にはマイナーチェンジにあたりますが、それにしては大きく変わっています。見た目のほかに、PHEVが新規追加。アウトランダーとの走りの違いまで比べます。

もくじ

見た目が大変化 PHEVも加わる
重要なポイント PHEVの制御
ツインモーター4WD 採用の利点
走り、アウトランダーとの最大の違い
三菱の技術と走りの哲学を理解できる

見た目が大変化 PHEVも加わる

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
text:Sho Tamura(田村 翔)

フルチェンですか? と言いたくなるほど前後ビューが様変わりしている。

側面形を見れば理解できるがマイチェンとしてはかなり手を入れている。

三菱エクリプス・クロス 旧型(手前)/新型(奥)
三菱エクリプス・クロス 旧型(手前)/新型(奥)    田村 翔

見た目のイメージでは従来車よりスポーツ&スペシャリティな味わいを薄め、デリカD:5を意識するフロントマスクやオーソドックスなシングルウインドウを採用したリアビューでレジャー向けのSUVの雰囲気を強化。

元々、特徴的な造形の割に、実用的なパッケージングだったこともあり、新デザインのほうがエクリプス・クロスの本質に近いように思えた。

大変化は見た目だけではない。パワートレインのラインナップにPHEVが導入されたのだ。

基本システムはアウトランダーPHEVに搭載されているものと共通。前後輪独立電動駆動を用いたシリーズ式ハイブリッドをベースに巡航用にエンジンによる直接駆動機構を備えているのが特徴。

シリーズ式の弱点となる高速巡航での燃費低下をカバーするのが目的であり、直動機構の作動中はパラレル式として機能する。

ただし、ハイブリッドシステムの基本構成はアウトランダーPHEVに準じているものの、スポーティな走りをセールスポイントにするエクリプス・クロスに合わせて多少の制御変更も加えられている。

走り自慢のエクリプス・クロスにPHEVシステムがどう活かされているか興味津々である。

重要なポイント PHEVの制御

プロトタイプということで試乗の舞台はFSWのショートサーキット。

メインストレートは230mしかなく、しかも下り勾配。平坦直線はほとんどない。

三菱エクリプス・クロス(2020年)
三菱エクリプス・クロス(2020年)    田村 翔

重要な特徴の1つとなるエンジン直動(パラレル)モードに入らない。で、開発担当の方にアウトランダーとの制御の違いを尋ねたが、いわく直動機構の作動域が狭くなっているとのこと。

直動機構の減速比はトップギア相当であり、高速巡航や緩加速ではパラレル式で制御されるが、大負荷加速ではダウンシフトするがごとく解除されシリーズ式に移行する。

つまり、一般的なATに例えるならエクリプス・クロスは早めのダウンシフトで加速性を向上させるのと同じような制御をおこなっているわけだ。

それ以外の制御はアウトランダーPHEVと共通。

つまり、パラレル制御に入らない状況では動力性能の差異はない。比較用のアウトランダーとの乗り比べても同様の印象だ。

と述べるとネガな印象を与えそうだが、そうではない。

踏み込み量や踏み込み速度等のペダルコントロールに最適に駆動力を制御。電動を誇示するような瞬発力の演出はなく、ドライバーの意図を汲み取ったかのように反応する。

大胆も繊細もドライバー次第なので渋滞路、スポーティドライブまで扱いやすい。省燃費とダイナミックな走りを両立できたのは電動と三菱のセンスの賜である。