【デビュー予定日が確定】新型スバルBRZ 11月18日公開を予告 ヘッドライトのティザー画像も

公開 : 2020.11.05 15:36

新型スバルBRZが11月18日にお披露目されることが明らかになりました。第2世代のスポーツクーペとして、曲線的なスタイリングと後輪駆動を維持しながらも、新シャシーとパワーアップを実現すると予想されています。

フロントマスクに新デザイン採用

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

スバルは11月18日に次世代スポーツカーBRZを公開することを正式に発表した。

先日、10本スポークアロイホイールのティザー画像が公開されたが、今回新たにヘッドライト周りの画像が公開されている。

新型BRZのティザー画像
新型BRZのティザー画像    スバル

新型BRZは今年の初めにプロトタイプが目撃されており、そのスタイリングを初めて見ることができた。スバルが発売から8年を経た現行モデルの生産終了を発表してから、わずか2週間後のことだった。

ガソリンターボエンジンから255psを発生すると予想され、現行モデルと同様に、構造的にもデザイン的にも、トヨタの次期86(車名はGR86か)と同一のものになるだろう。しかし、86の次期モデルの公開日はまだ確定していない。

プロトタイプの画像を見ると、現行モデルの曲線的なシルエットが新型でも引き継がれることがわかる。また、フロントグリルが大型化され、ヘッドライトとテールライトに新デザインが採用されていることも確認できる。

引き続きコンパクトなホイールベースを維持しているが、現行のスバル製プラットフォームから、トヨタ・カローラ・ハッチバックと同じTNGAを採用し、後輪駆動に対応させるとの報道もある。

今回スバルは、新型BRZが後輪駆動であることを明らかにした。

大幅なパワーアップを実現か

これまでと同様に、パワートレインにはスバル製エンジンが使用され、おそらく米国市場向けSUV「アセント」に搭載されている2.4L 4気筒ボクサーが採用されるだろう。

この255psの出力は、現行の自然吸気エンジンの200psから大幅にアップグレードされたもので、スバルとトヨタはアルピーヌA110のようなパワフルなスポーツカーを目指していることが伺える。

目撃されたBRZのプロトタイプ
目撃されたBRZのプロトタイプ    AUTOCAR

また、両モデルともにインテリアを全面的に刷新し、素材の質感や車載システム、操作性などを向上させている。

しかし、目撃されているプロトタイプのサイズや形状からは、グランドツーリング性能を高めるために後席の足元を大幅に拡大するという動きは見られない。

スバルとトヨタは昨年、モデル開発の提携を延長し、86とBRZの後継モデルを開発中であることを発表している。近年、スポーツカーの需要が低迷していることを考えると、高い設計・製造コストを共有することで経済的に車両開発を行うというのは、理に適っていると言える。

両社はまた、スバルの四輪駆動システムとトヨタのパワートレインを搭載した電動SUVを共同で発売することを最終目標に、新たなEVプラットフォーム開発についても協力していく。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

スバルの人気画像