【レースを始めたのは65歳】一家3世代で楽しむフレイザー・ナッシュ ビンテージ・レース 後編

公開 : 2021.01.10 12:25

次へ気持ちが向いているコーリー一家

「最高のレースでした。出だしで失速し、ひどいスタートでしたが、とても楽しかった。ジョンノが貸してくれた、フレイザー・ナッシュ・エメリソンスペシャルは最高でした。想像していたより、ずっと速かった」。ウィルフは11位でフィニッシュしている。

祖父のアンディも快走した。「遅いクルマを追い越す場面もありました。わたしのトランスミッションは3速しかないのですが、ほかにも同じクルマが走っていたようです。残り2周で故障する前に追い越せました。良いレースいだったので、リアイアは残念ですよ」

フレイザー・ナッシュ・チャレンジレースの様子
フレイザー・ナッシュ・チャレンジレースの様子

父のダガルは、ピグレットが積む大排気量エンジンのアドバンテージを発揮し、スタート直後から圧倒的なリードを奪った。だが、恐ろしく速いスーパースポーツに抜かれてしまった。

「レースをリードしていた時、ヘアピンで前のクルマと車間距離を取った方が良いと感じました。それが、息子のウィルフでした」

「ウィルフは後ろのクルマに気づき、わたしを先に行かせてくれました。素晴らしい判断でしたね」。最終的にダガルは3位でゴールした。

3世代でのレースを経験したことで、コーリー一家の気持ちは収まったのだろうか。そんなこと、あるはずがない。アンディが声を上げる「1つ思いついた。今度は、シルバーストーンでのポメロイ・トロフィーに出るのはどうだろう?」

「今のクルマで出られるの?」。ウィルフが笑う。彼の祖父のように、すでに孫もビンテージカーへ両足を突っ込んでいるようだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事