【字幕付き動画】比較試乗 シボレー・コルベット(C8)vs ポルシェ911(992)米欧屈指のスポーツカーを比較

公開 : 2021.02.21 11:45

ミドシップになったシボレー・コルベット(C8)とポルシェ911(992)の比較テストを行いました。方向性の違いはあるものの両者ともに素晴らしいスポーツカーで、どちらを選んでも幸せになれそうとのことです。

もくじ

8代目にして初のミドシップ化
サーキットでも公道でも素晴らしい911

8代目にして初のミドシップ化

今回取り上げるのはシボレー・コルベット・スティングレイ(C8)とポルシェ911(992)の2台だ。コルベットは英国ではまだ公式には発売されていないが、特別にクライブ・サットンに車両を用意してもらった。

ご存知の通り、コルベットはその70年にわたる歴史の中で初めてミドエンジン化されたのだ。その6.2L V8は502psを発生、最大トルクは65.0kg-mに達し、8速DCTを介して後輪のみを駆動する。マニュアルの選択肢は用意されていない。

相変わらずの2人乗りで、クーペであってもルーフを外せる点も変わっていない。これが米国では6万ドル(625万円)から手に入る。キャビンは豪華な仕上がりで、スティッチ入りのレザーが多用され、見た目も良好だ。しかし911ほどのしっくり感はなく、着座位置やステアリングとの距離感などは完璧とは言えない。

この個体にはZ51パフォーマンス・パックが備わり、5psと0.1kg-mの増強やLSDとエアロパーツの追加などが含まれている。エグゾーストは非常に良い音で、ステアリングについても今までのコルベットとは一線を画す正確さだ。
非常にコントローラブルで、フェラーリF8トリブートなどともそれほどの差を感じない。

サーキットでも公道でも素晴らしい911

これが米国ではベースモデルならポルシェ・ケイマンよりも安いとは、まさにバーゲンだろう。しかし英国買うとなるとそう話は単純ではない。輸入経費や安全試験、それにディーラーの利益などを含めると今回用意した911と同等の価格になってしまうのだ。

911は伝統通りリアに3Lのフラット6ターボを搭載する。コルベットほどのパワーはないものの、ターボのトルクややや軽い車重のおかげで非常に良いロードカーだ。公道では素晴らしく洗練され、メルセデスSLのようにも走れるが、サーキットでも驚くほど良いクルマだ。

スロットルもブレーキもステアリングも、入力した通りのレスポンスが得られる点が魅力だ。PDKは素晴らしいの一言で、もはやMTが欲しい場面は限定的だと言わざるを得ない。911はGTとしてもスポーツカーとしてもサーキット用としてもなんでもこなすクルマだ。

しかしコルベットより好ましいかと聞かれると、その方向性の違いが鍵となる。どちらが優れているとも劣っているとも言えず、好みの問題となりそうだ。1つ言えることは、この価格帯のパワフルなスポーツクーペ市場は非常に面白くなってきているということだ。

詳細は動画にてお楽しみいただける。

関連テーマ