【動的性能x実用性能】メルセデスAMG E 53 ステーションワゴンへ試乗 マイルドHV 前編

公開 : 2021.03.13 08:25

直列6気筒、435psのマイルドHVとなるEの53。V8エンジンを積む63ほど圧倒されるパワーはないものの、角の取れた扱いやすさを英国編集部は評価します。

直6ツインターボ+電動スーチャー+ISG

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
メルセデス・ベンツEクラスのフェイスリフトに合わせて、メルセデスAMGのEクラスも変更を受けた。今回はその中から、中辛に当たるE 53を試してみたい。大辛のE 63はスパイシーで味わい深いが、少し懐への負担が大きい。

約3年前、電圧48Vのマイルド・ハイブリッド(HV)としてAMGに仲間入りしたE 53。低回転域のレスポンスを向上するため、ツインターボエンジンは電動スーパーチャージャーで加給される。さらにスターター・ジェネレーター(ISG)も組み合わされる。

メルセデスAMG E 53 4マティック+ ステーションワゴン・ナイトエディション(英国仕様)
メルセデスAMG E 53 4マティック+ ステーションワゴン・ナイトエディション(英国仕様)

アッファルターバッハの伝家の宝刀、V8エンジンから大胆な一歩を踏み出していた。それから3年後、AMGのショールームに並ぶマイルドHVは大幅に拡大されている。

53という番号の振られたモデルは、今のAMGにとって欠くことのできない存在になっている。先進的な技術という点でも、E 63より試乗対象として適しているだろう。

モデルライフ中期として与えられたフェイスリフトにより、通常のEクラスと同じ内容をE 53も獲得している。ボディの見た目やインテリアの設えだけでなく、動的性能に幅を持たせるため、ソフトウェアも見直しされた。

以前メルセデスAMGを率いていたトビアス・ムアースによれば、従来のE 53より「長距離走行時の快適性と動的性能との幅を、さらに広げた」という。今はアストン マーティンのCEOに就いた彼が残した、最後の言葉の1つだ。

黒で統一されるナイトエディション

E 53が搭載するガソリン・マイルドHVの内容に変更はない。直列6気筒ツインターボの最高出力は435ps、最大トルクは52.9kg-mと、AMGとしては控えめな方。これに、電気モーターのアシストが加算される。トルクは最大で25.3kg-mが上乗せされる。

トランスミッションは、メルセデス・ベンツ製の従来的なトルクコンバーターを用いた9速AT。これにも改良を受けている。E 63Sが搭載するマルチクラッチ・タイプではない。リアデフも異なる。

メルセデスAMG E 53 4マティック+ ステーションワゴン・ナイトエディション(英国仕様)
メルセデスAMG E 53 4マティック+ ステーションワゴン・ナイトエディション(英国仕様)

サスペンションは3チャンバーを備えるアダプティブ・エアサスで、ハード的にはE 63と同じ。フェイスリフトで、従来までV8エンジン版に限定されていたAMGダイナミクスと呼ばれる知的なトラクション・コントロールも、実装されるようになった。

広報資料によると、オプションのAMGダイナミック・プラス・パッケージでは、レースとドリフトの2つのドライブモードが追加されたという。これも従来まではE 63だけの項目だった。

英国で提供されるメルセデスAMG E 53のスタイリングは、通常の仕立てのほかに「ナイトエディション」と呼ばれるブラックでコーディネートされたものが選べる。エグゼクティブ・モデルの間では、黒く統一するのが人気のようだ。

試乗したE 53もナイトエディション。フロントスプリッターやドアミラーカバー、ウインドウモール、マフラーカッター、ルーフレールなど、通常は明るいクロームで仕上げられる部分が黒く塗られている。悪びれた見た目を演出するように。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ Eクラスの人気画像

×