【PHEVのSUV 3台を直接比較】BMW X3 x ボルボXC60 x ディスカバリー・スポーツ 後編

公開 : 2021.03.28 09:45  更新 : 2021.07.27 14:51

厳しくなるCO2排出規制に合わせ、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)化が進むSUV。総合力で勝るモデルはどれなのか、3台を英国編集部が比較しました。

乗り心地やハンドリングで秀でている

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
photo:Olgun Kordal(オルガン・コーダル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ P300eは静かに豊かなトルクを生み出し、驚くほど洗練された走りを得られる。外界からの隔離性にも優れ、運転の充足感は高く、ランドローバーらしい。

他方のボルボXC60BMW X3は、別の方向性が与えられている。SUVとしての車内空間や実用性を備えつつ、車高はやや低く、リニアで小気味いいクロスオーバー的な操縦性が目指されている。いわゆるSUVの走り味とは違う。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ P300e Rダイナミック S(英国仕様)
ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ P300e Rダイナミック S(英国仕様)

だがXC60とX3は、狙いと実際の能力との間にわずかなギャップがあるようだ。

BMW X3 xドライブ30eは、Mスポーツ仕様。しかし、車高が落とされ引き締められるスポーツサスペンションは備わらない。車重が2tほどあるX3にダイナミックな操縦性を与えるのには限界があると、BMWも理解しているのだろう。

ディスカバリー・スポーツ P300eとX3 xドライブ30eは、アダプティブ・ダンパーをオプションで装備できる。XC60 T6 リチャージはアダプティブ・エアサスペンションがオプション。試乗車のサスペンションはいずれも、標準のままだった。

ディスカバリー・スポーツの乗り心地やハンドリングは、日常的な速度域でも落ち着きがあり、ボディロールは穏やかに発生。郊外のカーブが続く道でも機敏に走れる。

流れるように滑らかに路面の凹凸をいなし、コーナリング時の操縦性も精度が高く秀でている。近年のランドローバーの仕立て方には関心させられる。

ランドローバーと異なる2台の味付け

BMWは、より低くタイト。路面からの隔離性も低めで、それは乗り心地にも反映している。コーナーでは、ターンイン時の俊敏さではランドローバーに及ばないものの、コーナリング中のバランスやグリップ、スタビリティでは上。

ランドローバーより自信を持って、カーブを抜けていける。垂直方向の姿勢制御も優れているが、乗り心地は少し落ち着きがない。快適とはいいにくいだろう。ハンドリングも含めて狙いは伝わるが、巧妙に完成されたと感じるほどではない。

赤のボルボXC60 T6 リチャージと、青のBMW X3 xドライブ30e
赤のボルボXC60 T6 リチャージと、青のBMW X3 xドライブ30e

ボルボXC60 T6 リチャージの乗り心地や操縦性は、自然で素直。シフトパドルやスポーツ・モードで気持ちを盛り上げることもない。

ステアリングの応答速度は丁度いい。乗り心地も程々にコシがある。ペダルやステアリングホイールの重み付けは中庸で、扱いやすい。おそらくXC60はもっと機敏にも仕上げられたはずだが、ボルボはあえてそうしなかったようだ。

少し残念だったのが乗り心地。X3より柔らかいスプリングに乗っているのに、路面が乱れた区間ではBMWより落ち着きに欠ける印象。市街地や高速道路では快適だが、姿勢制御が緩く、減衰力が足りていない印象を受けた。

隆起部分などを通過すると、ボディは明確に揺れる。コーナーでスピードを上げていくと、突然外側にボディがロールする様子も見られた。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ P300eにアドバンテージがあると思う。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバー ディスカバリー・スポーツの人気画像

×