【魅力を詰め込んだ7シーター】メルセデスAMG GLB 35へ試乗 306ps 4気筒ターボ

公開 : 2021.03.28 08:25

便利な7人乗りSUV、GLBにAMG仕様が登場。コンパクトなボディと実用性はそのままに、高い動的性能をプラス。ほかに選択肢のない存在だと英国編集部は評価します。

もくじ

メルセデス・ベンツを牽引するSUV
AMG専用サスペンションとエクステリア
上級感あふれる車内と優れた乗り心地
驚くほどの速度で郊外の道を走破できる
魅力を詰め込んだ7シーターボディ
メルセデスAMG GLB 35 プレミアム・プラス(英国仕様)のスペック

メルセデス・ベンツを牽引するSUV

text:James Disdale(ジェームス・ディスデイル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
メルセデス・ベンツと聞いて、どんなクルマを思い浮かべるだろう。高級なサルーン。優雅なクーペ。ドイツ伝統のブランドとして、どれも間違いではないと思う。

でも近年のメルセデス・ベンツを牽引するモデルといえばSUV。その実、4ドアサルーンは6モデル、コンバーチブルが4モデル、クーペは2モデルが英国で売られているが、SUVは11モデルにも及ぶ。サルーンの倍近いSUVが、英国のショールームに並んでいる。

メルセデスAMG GLB 35 プレミアム・プラス(英国仕様)
メルセデスAMG GLB 35 プレミアム・プラス(英国仕様)

そして新しいSUVが、メルセデスAMGに追加された。実用性に優れるGLB 35だ。スペックシート上の情報も、かなり訴求力がある。

AMGというブランド名に恥じない動的性能を備え、体格のいいSUVにも負けないオフロード性能を実現するハードウエアを載せている。大きな荷室と定員7名の車内レイアウトも自慢で、ファミリーカーとしての多用途性にも不備はない。

加えてSUVの中では、ボディは比較的コンパクト。フォルムはボクシーで、切り立ったロントマスクはGクラスのように存在感がある。日常的に運転しやすいうえ、地球に与える負荷も抑えられ、お財布にも優しい。

このGLB 35は、ハッチバックのA35と共通の2.0L 4気筒ターボガソリン・エンジンをフロントに搭載。最高出力は306psで、最大トルクは3000rpmから不足ない40.7kg-mを発生する。

トランスミッションは8速ATで、4マティックを名乗る四輪駆動。駆動力はフロント側に最大100%、リアに最大50%の割合で振り分ける設定が与えられている。

AMG専用サスペンションとエクステリア

サスペンションでは、AMG専用のステアリング・ナックルとコントロールアームを獲得。サブフレームまわりも強化品となる。マルチリンク式のリア側は、高い横負荷に耐えられるように設計された強化ハブが組まれる。

スプリングも引き締められ、アダプティブ・ダンパーが標準装備で、速度感応式の電動パワーステアリングも新開発のもの。ブレーキもAMG用に大型化されている。ディスク直径は、フロントが350mm、リアが330mmだ。

メルセデスAMG GLB 35 プレミアム・プラス(英国仕様)
メルセデスAMG GLB 35 プレミアム・プラス(英国仕様)

ただしGLB 35では、オフロード・エンジニアリング・パッケージが選べない。急斜面でアシストしてくれるヒルディセントコントロールや、悪路用のドライブモードは実装できないのであしからず。

見た目もAMGらしく仕立てられる。最近のトレードマークとなったパナメリカーナ・グリルと、大きなフロントスプリッター、太めの2本出しマフラーなどが迫力をプラス。テールゲートの上には、スポイラーが伸びる。

マルチスポーク・タイプのホイールは、20インチが標準。21インチも選べる。タイヤは、ミシュラン・パイロット・スーパースポーツ4Sを履く。

インテリアは、基本的には通常のGLBと同じ。ステアリングホイールはAMGではお馴染みの3スポーク・マルチファンクション・タイプ。フロントシートはサイドサポートが高く、ペダルには金属製のカバーが付く。

AMGとして高性能モデルらしいスタイリングに仕立てられ、走りにも期待したいところだが、GLB最大の特徴といえるのがインテリア。このカテゴリーでは、現時点でトップの内容といって良い。

関連テーマ

人気テーマ