【生まれ変わったオープンカー】メルセデスAMG SL 最新プロトタイプ発見 デビュー間近か

公開 : 2021.06.22 18:05

メルセデスSLの次世代モデルはAMGブランドから登場します。プロトタイプからデザインも見えてきました。

まったく新しいボディシェル

text:AUTOCAR UK編集部
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

メルセデスAMGは、新型SLの公開に向けて準備を進めているようだ。新たに発見されたプロトタイプはカモフラージュも少なく、クルマの最終的なスタイリングを見ることができる。

メルセデスは最近、SLに採用するアルミニウム複合材のボディシェルの詳細を公開したばかりだ。先代のSLや現行のAMG GTとはまったく異なる構造で、アルミニウム製のスペースフレームと「自立構造」を組み合わせている。

目撃された次期AMG SLのプロトタイプ
目撃された次期AMG SLのプロトタイプ    AUTOCAR

メルセデスは、この新型SLが2+2のシートアレンジを採用し、より多様なパワートレインのオプションに対応するため、開発プロセスは特に困難だったとしている。「横方向と縦方向のダイナミクスに重点を置いた、ブランドの特徴であるドライビング・パフォーマンスを提示するとともに、快適性と安全性の面でも高い期待に応える」ことを優先したという。

軽量化と剛性のバランスを考慮して、アルミニウム、スチール、マグネシウムの複合材料を使用し、剛性は現行モデルに比べて18%向上している。横方向の剛性はAMG GTロードスターと比較して50%向上、縦方向は40%向上したという。

ドア、ボンネット、トランクリッドなどの外装部品を除いたボディシェルの重量は270kgとなる。

この生まれ変わったオープンカーは、ハイブリッド化された直6とV8エンジンを搭載し、ポルシェ911カブリオレと対決することになる。

また、SLはAMGブランドでのみ販売され、完全可変式の4マチック+が採用されることも確認している。開発の大半はシミュレーションで行われたが、最終的にはニュルブルクリンク北コースでの走行テストが予定されており、SLのスポーツ性を示唆している。

快速グランドツアラー

これまで得られたプロトタイプの画像から、複数のバリエーションがどのように差別化されるかが見えてきている。円形のエグゾーストを持つプロトタイプは、エントリーレベルのハイブリッド(SL 450 EQブースト)と考えられ、よりアグレッシブなエグゾーストと大型リアスポイラーを持つタイプは、最上位モデルのSL 63 AMGと予想されている。

デザインは、丸みを帯びたリアエンド、長いボンネット、スリムなテールライトなど、メルセデスAMG GTと明らかにファミリー的な類似性が見られる。

目撃された次期AMG SLのプロトタイプ
目撃された次期AMG SLのプロトタイプ    AUTOCAR

SLは、メルセデス・ベンツのルーツであるモータースポーツからインスピレーションを得て、より軽く、より速く、より魅力的なモデルとして復活する予定だ。これまでの7世代にわたり続いてきたSLの歴史の中で、AMGが開発を統括するのは初めてのことだ。

昨年、AMGのトビアス・ムアースCEO(当時)は、SLが次期AMG GTと「連携」することを認めた。この2つのモデルは、モジュラー・スポーツ・アーキテクチャー(MSA)と呼ばれるアルミニウムを多用したプラットフォームを共有することで、メルセデスの最も高級なモデルラインである2台のスケールメリットと収益性を高めることができる。

ムアースは次のように述べた。

「わたし達は、SLの歴史的なDNAを取り戻します。今回は、はるかにスポーティになっています。ドライビング・ダイナミクスと快適性を完璧に調和させた、クルーザーのようなモデルになるでしょう」

また、8代目SLは、先代と同様にロードスターのみの設定となることも明らかになっている。英国での販売開始は2021年末頃を予定している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事