アウディRS6 eトロン 最高出力600psの高性能ワゴン 2023年頃登場か

公開 : 2021.11.17 06:05  更新 : 2021.11.17 13:57

アウディの高級EVとして計画されているA6 eトロンには、高性能仕様のRSが導入される可能性があります。

RS6アバントの電動後継モデル

アウディは5年後に同社最後の純ICE車を発売する準備をしており、高性能車部門のアウディ・スポーツもEVのみのブランドに移行しつつある。

アウディ・スポーツのガソリン車とディーゼル車のラインナップはかつてないほど充実しており、A1スポーツバックを除くICE車の全モデルで「S」および「RS」仕様が用意されている。しかし、EVではeトロンGTのみがRS仕様を展開している。電動SUVのeトロンとeトロン・スポーツバックにはS仕様が設定されているだけで、新型Q4 eトロンとQ4 eトロン・スポーツバックの派生モデルはまだ発表されていない。

アウディRS6 eトロンのレンダリング
アウディRS6 eトロンのレンダリング    AUTOCAR

この状況は今後、2025年までに全世界で20種類以上のEVを展開し、販売台数の40%を電動モデルにするという計画に沿って、急速に変化していくだろう。

この計画では、アウディのラインナップ(現在は17のモデルラインで構成)の多様性を維持し、顧客を失うことのないようにすることが不可欠だ。例えば、先日公開されたA6 eトロン・コンセプトは、現行のA6のEVモデルを大きく予告するものであり、アウディ・スポーツがチューニングした高性能仕様が用意されることは間違いない。

A6 eトロンは、ICE車のA6にすぐに取って代わるモデルではないが、EV市場では同等のセグメントを占めることになる。そしてアウディは、ワゴンタイプ(アバント)の開発も視野に入れているようだ。

つまり、2002年のV10エンジンを搭載したC5世代から続くモデルラインとして、RS6アバントにもEVの後継モデルが登場することになる。

現行のC8世代のRS6は、標準的なA6に2年遅れて登場したが、RS6 eトロンは、eトロンGTとRS eトロンGTの例に倣い、2023年にA6 eトロンと同時に発売される可能性がある。

現行のアウディEVの標準仕様と高性能仕様の微妙な違いを考慮すると、この2つのモデルは現行のA6とRS6よりもデザイン的に近いものになると思われる。つまり、RS6で見られるワイドフェンダー、専用ホイール、リアスポイラーなどは若干トーンダウンするのではないだろうか。

性能はRS eトロンGTと同等?

A6 eトロンは、アウディとポルシェが共同開発しているEV用アーキテクチャー「PPE」を採用した2番目のアウディモデルとなる。このアーキテクチャーでは、ドライブトレインのレイアウトや出力を柔軟に変更することができる。

A6 eトロン・コンセプトでは、電気モーターを前後に1基ずつ搭載し、出力は475ps、トルクは81kg-mと、RS6の4.0LツインターボガソリンV8と同等の性能を実現している。

アウディRS eトロンGT
アウディRS eトロンGT

一方、RS6 eトロンは、BMWのM部門やメルセデスAMGが開発している高性能EVに対抗するため、パフォーマンスがより高いレベルに引き上げられる。

最上位モデルのRS eトロンGTと同等の性能を持つと予想され、600ps(オーバーブーストモードでは645ps)と84kg-mの出力を発揮し、大型バッテリーによる重量増を相殺することで、0-100km/h加速のタイムは3.0秒を切る可能性が高い。

ただし、eトロンGTやその兄弟車であるポルシェ・タイカンが採用しているJ1アーキテクチャーを発展させたPPEに、2基以上のモーターを搭載できるかどうかはまだ不明だ。SUVのeトロンSとeトロンSスポーツバックは3モーターを採用しているが、フォルクスワーゲン・グループの最大級のICE車に採用されているMLBエボを流用している。

A6 eトロン・コンセプトで見られたように、PPEアーキテクチャーには100kWhのバッテリーパックを搭載することができ、航続距離も700km以上を目指せる。

RS6 eトロンはこの数字には及ばないだろうが、PPEが270kWの急速充電に対応しているため、わずか10分で最大300kmの航続距離を得ることができるだろう。また、バッテリーをキャビンフロアに配置し、ホイールベースをできるだけ長くすることで、現在のRS6と同等の室内空間と積載量を実現する。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アウディ A6の人気画像