ジャガーFタイプRは503bhpか

公開 : 2012.06.12 18:56  更新 : 2017.06.01 00:55

ジャガーFタイプ・ロードスターに、スーパーチャージャー付きの5.0リッターV8を搭載したモデル、FタイプRをリリースする準備が進められている。

このジャガーFタイプのハイ・パフォーマンス・モデルは、ジャガーのグローバル・ブランド・ディレクター、エイドリアン・ホールマークによってその存在が明らかにされた。

Fタイプのためのエンジンとしては375bhp、45.9kg-mの3.0リッターV6スーパーチャージド・エンジンが用意される。スーパーチャージャー付きのV8も、発売開始と同時に搭載されるエンジン候補ではある。

V6モデルがデュアル・エグゾーストであるのに対し、V8モデルはクアッド・エクゾーストを持つ。そのパワーがどれだけかは、まだ詳らかにされていないが、このエンジンはXF、XJ、XKにおいては503bhpの出力を持つ。しかし、ジャガーがFタイプのためにXKと同じチューンを施すかどうかは不明だ。

ジャガーはRスペックよりも高いチューンのエンジンを搭載することも考えているようだ。XKR-Sの成功を受け、ポルシェ911GT3に対抗すべきFタイプR-Sがそれだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事