一緒の時間が「愛おしい」 ジャガーFタイプ 小さくはないロードノイズ 長期テスト(3)

公開 : 2024.04.07 09:45

歴史的な節目を迎えたジャガーのクーペ 同社最後のV8エンジンを改めて堪能 失ったものの大きさと今後への期待を、長期テストで掘り下げる

積算9726km 理想的なドライビングポジション

ジャガーFタイプ R75と一緒の時間が、最近は一層愛おしい。そう感じさせるのは、豊かなパワーや、個性豊かなV8エンジンが与える印象だけではない。クルマとの強い一体感を生む理想的なドライビングポジションが、筆者を惹き込むためだろう。

もちろん、シートは至って快適。さらに、シャシーのプロポーションに対して座る位置や、ドライバーを包み込む環境も素晴らしい。こんなモデルは、非常に少ない。

ジャガーFタイプ R75 クーペ(英国仕様)
ジャガーFタイプ R75 クーペ(英国仕様)

積算1万77km 既に寂しい気持ちでいっぱい

長期テストでお借りしているFタイプ R75は、返却する日が決まっている。まだしばらく先なのだが、既に寂しい気持ちでいっぱいだ。

特に悔やんでいるのが、フランスを南下するロングドライブへ駆り出せそうにないこと。当初はドーバー海峡を越えて、フランス西部のミュルーズにあるシュルンプフ自動車博物館へ立ち寄ったり、西部の小さな港町、ラ・ロシェルを訪れたいと考えていた。

ジャガーFタイプ R75 クーペ(英国仕様)
ジャガーFタイプ R75 クーペ(英国仕様)

Fタイプの成り立ちは、そんなグランドツアーへ適している。しかし、グレートブリテン島北部の湖水地方への2度のドライブが、1番の遠出になりそうだ。一方は単独で、他方は筆者のパートナーとの旅行だったが、どちらも大きな意味を持つ体験だった。

初期型より小さくなったロードノイズ

実はFタイプのクーペが発売されてすぐ、2015年に同じような行程で英国北部へ自動車旅行をしている。しかし、その初期型はロードノイズが大きすぎ、助手席との会話もままならなかった。耳栓をして、手振りでコミュニケーションを取ったほど。

それは、良い記憶を残さなかったといっていい。アルミニウム製のボックスセクション・シャシーが、ノイズを反響させているのだと考えた。他のメーカーのように、防音材が充分には張り巡らされていなかったのだろう。

ジャガーFタイプ R75 クーペ(英国仕様)
ジャガーFタイプ R75 クーペ(英国仕様)

だが、モデル末期となるFタイプ R75では、明らかに静かになっていることを確認できた。ロードノイズは依然として小さくなく、高音質なオーディオが再生する解像度まで鑑賞することは難しいとはいえ、長時間でも我慢できる範囲になっている。

1人で向かった北部のコッカーマスまでは、ポッドキャストやサッカー試合の解説を聞きながら走ったが、大きな不満は感じなかった。大切な場面を、聞き逃すことも。

それでも、筆者が個人的に所有する、アルミニウム製シャシーのアルピーヌA110より、長距離移動での聴覚的な疲労が大きいことは否定できない。そちらの方が遥かにボディサイズは小さく、価格は低いのだが。

話は逸れるが、ある程度クルマのことを理解した人と一緒に移動するより、1人で運転していた方が、クルマの弱点は気にならなくなる。2度の湖水地方へのドライブで、それも改めて確認することとなった。

記事に関わった人々

  • 執筆

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

長期テスト ジャガーFタイプの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事