最高のラグジュアリーSUV ランドローバー・レンジローバーへ試乗 6代目へ一新 後編

公開 : 2022.04.18 08:26

レンジローバーが新世代へモデルチェンジ。従来以上に能力の幅を広げたフラッグシップを、英国編集部が評価しました。

ロングよりショートの方が印象は良い

6代目へモデルチェンジを果たしたランドローバーレンジローバー。最新版も、素晴らしい印象を裏切ることはない。ただし、スイートスポットは上級グレードより身近なところにある。

先代では、ショート・ホイールベース(SWB)版の方が仕上がりが良いと感じられた。実際、フェイスリフトを受けたベントレーベンテイガと比べても、勝っていたほど。それは、今回も当てはまるようだ。

ランドローバー・レンジローバー SWB(欧州仕様)
ランドローバー・レンジローバー SWB(欧州仕様)

初めに試乗したのは、ロング・ホイールベース(LWB)で3.0L直列6気筒ガソリンターボのP400。続いてLWBの特装仕様、ハイエンドなSVを運転した。タイヤサイズはいずれも、23インチの285/40で共通していた。

LWBのリアシートは、若干乗り心地で及ばない様子。基本的にはフラットで、姿勢制御にも優れ、衝撃吸収性にも長けている。だが、エアサスペンションの特性の1つではあるが、橋桁の継ぎ目やひどく傷んだ路面には、対処しきれない場面があるようだった。

フロントシート側はベストといえる。ステアリングホイールの操舵感は、素晴らしくスムーズで正確。ペダルなどの操作系の重み付けも、非の打ち所がない。車内で聞こえるノイズは極めて小さく、外界との隔離性にも唸らされる。

しかし、ステアリングホイールを切り向きを変えてみると、旋回時の動きや姿勢制御に不自然さが見え隠れする。操作に対して、素直にすべてが返ってくるとは限らない。

従来のレンジローバーらしいD350

複雑なシャシー技術が統合され、その働きは素晴らしいと思う。ほとんどのドライバーが気になることはないだろう。機能的には優秀だが、もう少し煮詰める余地はあるという程度だ。

新しいレンジローバーは、複数のパワートレインをラインナップし、ホイールベースは2種類。LWBであっても、ボディサイズはライバルモデルより控えめ。それらのことが、影響を与えているように思う。

ランドローバー・レンジローバー SWB(欧州仕様)
ランドローバー・レンジローバー SWB(欧州仕様)

SWBに乗ると、そのモヤモヤが晴れる。最初に4.4L V型8気筒ツインターボのP530を、続いて3.0L直列6気筒ディーゼルターボのD350を運転した。

P530のエンジンは、BMW由来ということで質感が秀でている。ディフェンダーが搭載するV8エンジンとは異なるユニットでもあり、英国製とは違った味わいがある。滑らかで爽快に吹け上がる、魅力的なユニットだ。

ただし、P530 SWBの英国価格は、オプション抜きで14万420ポンド(約2247万円)から。CO2の排出量も多く、購入したいと考えるドライバーは限定的だろう。

一方で、D350はよりマイルド。SWBのHSEグレードなら、10万8775ポンド(約1740万円)から選べる。CO2の排出量は205g/kmと、P530と比べると3割ほど少ない。

ディーゼルエンジンは車内からしっかり隔離され、車内は平穏。上級グレードと比べれば控えめに設えられたインテリアと相まって、より従来のレンジローバーらしい。筆者は、最も好感を抱いたグレードだった。英国の郊外にも似合いそうだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

最高のラグジュアリーSUV ランドローバー・レンジローバーへ試乗 6代目へ一新の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ランドローバーの人気画像