ロールス・ロイスを過激にチューン 真っ赤な超高級SUV「エンペラー」誕生

公開 : 2022.07.20 06:05

ロールス・ロイス・カリナンをベースとしたカスタム車両が公開されました。ドイツのチューニング会社DMCが手がけたもので、空力性能やエンジン出力の向上が図られています。

最高出力614ps エアロも強化

ドイツのチューナー、DMCロールス・ロイスカリナンをベースとしたカスタム車両「エンペラー」を発表した。エアロダイナミクスの改良、カーボンファイバー製パーツ、パワーアップを施している。

エグゾーストシステムとエンジン・マネージメント・システム(EMS)を改良し、エンジン出力は570psから614psに、トルクは86.5kg-mから97.3kg-mに向上している。その結果、0-100km/h加速のタイムは4.9秒、最高速度は282km/hとなった。

DMCエンペラー
DMCエンペラー    DMC

エクステリアでは、フロントエンドのデザインが変更され、カーボンファイバー製ボンネットを装着している。また、新しいフェンダーにより車幅が標準より4cm広くなっている。

さらに、サイドスカートのデザインを変更し、リアにスポイラーリップを追加したことで、リアのリフトフォースを低減できるという。ホイールは、24インチのマルチスポークを採用した。

高額パーツ満載

インテリアでは、ボディカラーと同じ鮮やかなチェリーレッドのレザーシートとポリッシュドラッカーを使用し、フロアマットとシートにはDMCのブランドエンブレムを配している。

カスタムの価格は明らかにされていないが、パーツの個別価格がいくつか公開されている。

DMCエンペラー
DMCエンペラー    DMC

例えば、フェンダーエクステンションは1万9990ドル(約275万円)、カーボンファイバー製ボンネットは1万3490ドル(約185万円)。カーボンファイバー製スポイラーは最大5490ドル(約75万円)、トランクリッドエクステンションは最大3290ドル(約45万円)になると見込まれている。

DMCは、これまでにも高級車ベースのカスタム車両を製作してきた。現在、フェラーリ・ローマをベースに開発を進めており、「アグレッシブなチューニング」を施し、最高出力619psから708psにパワーアップさせる予定だという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ロールス・ロイス カリナンの人気画像