馬力番付 世界最強のスーパーSUV 21選 妥協を許さない高性能モデルたち

公開 : 2022.08.06 06:05

いまや、強大なパワーを備えたSUVは珍しい存在ではなくなりました。多くのメーカーが高性能モデルを生み出し、性能競争を繰り広げています。今回は、市販SUVで最もパワフルなモデルをランキング形式で紹介します。

実用性 x パフォーマンス

SUVとスポーツカーは、何十年もの間、互いに相容れないものだった。SUVは人里離れた場所に行き、無事に戻ってくるという比類なきオフロード性能を備えたもの。一方、スポーツカーは直線でもカーブでも、オンロードにおける速さ・楽しさを追求したものだ。

しかし、2022年現在、世界の自動車メーカーのラインナップを見渡してみると、スーパーカー並みのパワーを持つSUVが続々と登場している。人を乗せ、荷物を載せ、快適なインテリアに包まれながらビッグパワーを享受できる時代なのだ。

強大な馬力を誇る市販SUVをランキング形式で紹介する。
強大な馬力を誇る市販SUVをランキング形式で紹介する。

無論、クルマの性能とは単に馬力だけによるものではない。ハンドリングやブレーキ、空力など、あらゆる要素が欠かせないことは改めて語るまでもないだろう。しかし、今回はあえてシンプルに考えて、「最高出力(ps)」を基準にランキングを作ってみた。

自動車メーカーが製造する、世界で最もパワフルなSUVランキングだ。パワーの低い順に、21台を取り上げている。

BMW X5 M50i/X6 M50i(530ps)

純粋な「Mモデル」を除くと、BMWのSUVラインナップの中では、X5およびX6のM50iがパワーの頂点に位置づけられている。どちらも4.4L V8ツインターボを搭載し、最高出力は530ps、0-97km/h加速は4.3秒と、ダウンサイジングの流れに逆行する性能を誇る。

BMWのSUV中で最もパワフルというわけではないが、一般的なファミリーカーよりも明らかに速いことは確かだ。

BMW X5 M50i/X6 M50i
BMW X5 M50i/X6 M50i

アストン マーティンDBX(550ps)

アストン マーティンは、メルセデスAMGの協力を得て、収益性の高いSUVセグメントへの参入を果たした。AMGが開発し、アストン マーティンが手を加えた4.0L V8ツインターボを搭載するDBXは、同社初のSUVでありながら、従来のモデルラインとしっかり調和している。

標準モデルで550psを発揮するが、さらにパワフルなモデルも用意されている。こちらはもう少し後で紹介しよう。

アストン マーティンDBX
アストン マーティンDBX

ジャガーFペイスSVR(550ps)

ジャガーはFペイスのエンジンルームを8気筒を想定して設計したが、V8エンジン搭載の「SVR」モデルは2018年までリリースされなかった。最高出力550psを発揮するスーパーチャージャー付き5.0Lエンジンに加え、SVRらしくハードスプリング、ワイドホイール、軽量な排気システム、スポーツシートを備えている。

Fタイプの生みの親であるジャガーが、エンスージアストの期待に応えたモデルだ。

ジャガーFペイスSVR
ジャガーFペイスSVR

記事に関わった人々

  • 執筆

    ロナン・グロン

    Ronan Glon

  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

BMW X5の人気画像