改良型ランボルギーニ・ウルス パイクスピーク最速記録更新 市販デビュー間近か

公開 : 2022.08.11 18:25

ランボルギーニ・ウルスの改良型が、米コロラド州のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの市販SUV記録を塗り替えました。

ウルス改良新型 ヒルクライムで最速SUVに

ランボルギーニ・ウルスの改良型が、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの市販SUVの記録を塗り替えた。

10分32.064秒をマークし、従来のチャンピオンに17秒の差をつけてフィニッシュした。ハンドルを握ったテストドライバーのシモーネ・ファッジョリは、後輪駆動車の記録も保持している。

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに出場したランボルギーニ・ウルスと、ドライバーのシモーネ・ファッジョリ氏
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに出場したランボルギーニ・ウルスと、ドライバーのシモーネ・ファッジョリ氏    ランボルギーニ

これまでのパイクスピークでの市販SUV最速記録は、2018年に10分49秒902でゴールしたベントレーベンテイガが残したもの。ベンテイガは、最高出力608psと最大トルク91.8kg-mを発生するW12エンジンを搭載し、多少の改造が施されたものの市販車に近い仕様で出場。全長約20km、156個のコーナーが存在するヒルクライムコースで平均時速107km/hを記録した。

一方、今回のウルスはオレンジと黒と白のカモフラージュカラーをまとい、同じコースに挑んだ。エクステリアの大部分は見えないが、よりアグレッシブな仕様に改造されているようだ。ウルスの改良新型として、まもなく正式発表されると思われる。

ランボルギーニによると、標準モデルのウルスに搭載されている4.0L V8ツインターボの改良型を採用しているという。安全面では、ロールケージと6点式ハーネスを備えたレーシングシートが採用された。

グリップを高めるために、ランボルギーニとピレリが共同開発したセミスリックタイヤ、Pゼロ・トロフェオRが装着されている。

ランボルギーニの最高技術責任者ルーベン・モールは次のように述べている。

「パイクスピークは、世界で最も有名なヒルクライムであると同時に、クルマにとって非常にチャレンジングなイベントです。凹凸のあるコースレイアウトではシャシーのバランスが試され、標高差はパワートレインにストレスを与え、天候もスタートからゴールまでの間に急激に変化します」

改良型のウルスは若干の性能アップが期待されるが、現行と同じV8エンジンが搭載される可能性が高い。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランボルギーニの人気画像