ベントレー・ミュルザンヌ・スピード発表

公開 : 2014.09.17 22:40  更新 : 2017.06.01 02:12

ベントレーは最速のスポーツ・サルーンと標榜するミュルザンヌ・スピードを公開した。10月のパリ・モーターショーでお披露目されるこのミュルザンヌ・スピードは、6.75ℓのV8ユニットと、内外にわたるスタイリング変更、そしてドライバーにフォーカスしたシャシーの改良などがなされている。

エンジンは、6.75ℓツイン・ターボV8だが、燃焼室形状が変更され、バリアブル・バルブ・タイミングを採用。またターボ・チャージャーのコントロールも変更された結果、パワー、トルクは従来の512ps、104.0kg-mから537ps、112.1kg-mにまでアップされている。ユーロ6対応のパワー・ユニットで、0-96km/h加速は0.2秒改善された4.9秒、トップ・スピードは10km/hアップした306km/hというパフォーマンスを持つ。

シリンダー・ストップを備え、低負荷ではV4として作動する。そのため、CO2排出量もスタンダードなミュルザンヌの393g/kmから342g/kmにまで向上している。

8速ギアボックスも、トルク・デリバリーとコネクションが再調整され、回転を2000rpm以上に保つSモードも装備された。

サスペンションにも新たにスポーツ・モードが採用されている。これはエア・サスペンションが硬くなり、正確かつフィードバックの大きいステアリングとなる。

デザイン的にはミュルザンヌ・スピードは、ステンレス・メッシュ・グリルと、ヘッドランプ、テールランプが専用となっている。また、21インチの専用ホイールもセットされる。エグゾーストは4本出しだ。

なお、このミュルザンヌ・スピードの登場に合わせて、通常のミュルザンヌにも改良が加えられた。エンジンのパワーは変わりないが、燃費が13%向上。また、8速ギアボックスも再調整されている。

関連ニュース

▶ 徹底試乗 / ベントレー・ミュルザンヌ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事