フェラーリの世界観を体感できるショールーム誕生 コーンズ・モータース芝ショールームが移転・リニューアル

公開 : 2023.04.30 14:18

フェラーリに乗って楽しんでほしい

コーンズ・モータースの林 誠吾代表取締役社長 兼CEOは、これからの展開について述べた。

「都内最大級となりますショールームができ、エクスクルーシブでスーパーラグジャリーな雰囲気の中、フェラーリの世界観を堪能していただけると確信しております」

パーソナライゼーションのための様々なサンプルを用意したアトリエを設置。
パーソナライゼーションのための様々なサンプルを用意したアトリエを設置。    コーンズ・モータース

「フェラーリの根底にある『乗って楽しい』と思えることを提供する会社にしてゆきたい」

「自身のフェラーリで海外を旅するツアーや、知られていない日本の旅を楽しみ、雪道を全開でドライブするなど、驚きのイベントをお届けしたいと考えています」

「サーキットではドライビング技術を高めたいオーナーに向けて、ビギナーからアドバンスまでプロドライバーによるレッスンを行ってきました」

「フェラーリをもっと乗って、心で感じてほしい。そのような機会を創れる会社にしてゆきたいと考えています。スタッフ一同ショールームを盛り立てていきます」

日本は重要なマーケット

ショールームのオープニングに際しフェラーリの極東中東プレジデントを務めるディーター・クネヒテル氏が来場し、祝辞を述べた。

「コーンズは1976年以来、日本におけるフェラーリ文化の醸成の一端を担ってきました。フェラーリは日本で57年の歴史があり、その中で力強いお客様のベースを作ることができました」

3階には認定中古車「フェラーリ・アプルーブド」を6台展示できるスペースを確保。
3階には認定中古車「フェラーリ・アプルーブド」を6台展示できるスペースを確保。    コーンズ・モータース

「お客様の期待を上回る卓越したサービスを提供するために、こちらのショールームを作られました。フェラリスティのホームとして愛していただければと思います」

「フェラーリにとって日本は重要な市場で、世界でトップ3に入る存在です。いまも成長が続いています。顧客を広げることができていることも重要な点です」

「日本のお客様はフェラーリというブランドに強い理解を示して、知識が豊富で技術的な革新を歓迎してくれます。一度愛してくれると長く支持していただけるお客様が多く、コレクターの方が多いのも特徴といえます」

フェラーリは2022年に日本において前年比で15%増となる1424台を登録し新記録を樹立した。日本でフェラーリを牽引する存在のコーンズ・モータースは、充実した内容を備える新ショールームの稼働により、さらなる発展が期待される。

コーンズ 芝ショールーム
〒105-0014 東京都港区芝 3-3-10
TEL:03-5730-1610 FAX:03-5730-1620
営業時間:10:00〜19:00(平日) 10:00〜18:00(土日祝)
定休日:水曜日および 年末年始

記事に関わった人々

  • 執筆 / 撮影

    上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

おすすめ記事