日産ジュークNISMO RSを追加

2014.11.11

日産自動車は、今年7月にマイナー・チェンジしたジュークに、パフォーマンス・バージョンであるNISMO RSを追加。11月26日より発売を開始する。

ジューク NISMO RSは、16GT FOURをベースにECUセッティングを見直し、190ps、24.5kg-mから214ps、25.5kg-mへパワーとトルクをアップした1.6ℓターボ・ユニットを搭載。コンロッド・ベアリングの耐久性を向上するなど、高回転域でも力強いトルクを持続するようなセッティングとなっている。これに合わせて、トランスミッションも従来の7速CVTから、パドルシフト付きの8速マニュアル・モード付エクストロニックCVTに変更されている。

ブレーキは、フロント・ブレーキ・ローター径を拡大し、リアにベンチレーテッド・ディスクを採用し、キャリパーの性能やブレーキパッドの耐フェード性なども向上させている。

ホイールは、ベース車の17インチから18インチへのサイズ・アップをしながらも、ばね下重量の軽減を実現。運動性能と乗り心地の両立を実現している。また、サスペンションのチューニングも見直され、より幅広いシーンで楽しめる足回りとしました。更に、ALL MODE 4X4-iのトルク・ベクトル機能はエンジン出力の向上に伴い、トルク配分の最適化が行われている。この他、車速感応式電動パワーステアリングもNISMO RS専用チューニングとなっている。

ボディ本体も、日産追浜工場での車体組み立て段階で車体各部に補強を追加し、車体ねじり剛性を向上している。これにより正確でクイックなステアリング・レスポンスとしっかりとした質感の高い乗り心地を高い次元で両立しているという。

エクステリアでは、専用フロント・グリル、フロント・バンパー、リア・バンパー、サイドシルプロテクター、オーバー・フェンダー、ルーフ・スポイラー(ハイマウントストップランプ付)、エキゾースト・フィニッシャーが与えられる。また、インテリアには、レカロ製の専用シート、アルカンタラ巻の3スポーク・ステアリング、専用レブ・カウンターなどが装備される。

価格は3,434,400円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース