アウディA6/A6アバント/A7スポーツバックをアップデート グリルデザイン変更 Sモデルも同時に発表

公開 : 2023.12.08 11:45

アウディはA6/A6アバント/A7スポーツバックをアップデートしました。グリルデザインを一新し、A6シリーズにはSラインとアドバンスも設定。スポーツグレードのSモデルも同時にアップデートされています。

アウディの行ったアップデートとは?

アウディは、アッパーミディアムセグメントのアウディA6/A6アバント/A7スポーツバックをアップデートし、全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売を開始した。

A6/A6アバント/A7スポーツバックは、それぞれアッパーミディアムセダン/ステーションワゴン/4ドアクーペとして、アウディ・ブランドの中核に位置するモデルであると同社は語る。

アウディA6/A6アバント/A7スポーツバック
アウディA6/A6アバント/A7スポーツバック

そのステータスに相応しく、アウディのデザインDNAに基づき、優美さとスポーティネスをスタイリッシュに融合し、先進のドライバーアシスタンスとセーフティデバイス、そしてデジタル時代にふさわしいインフォテイメントを採用したという。

今回のアップデートでは、各車ともに、シングルフレームグリルをRSスタイルのハニカムパターンに変更することにより、スポーティな印象をさらに高めたとアナウンスされた。

メーカー希望小売価格(税込)

アウディA6が795万円~/S6が1404万円/A6アバントが832万円~/S6アバントが1436万円/A7スポーツバックが880万円~/S7スポーツバックが1507万円となる。

アウディA6/A6アバント/A7スポーツバック アップデート詳細は?

アウディA6/アウディA6アバント

Sラインとアドバンスを新たに設定。新しくなったハニカムパターン(Sラインはクロームトリム付き)のシングルフレームグリルとともに、リアディフューザーのデザインを刷新した。

Sライン

プラチナグレーの19インチ5アームダイナミックデザインのアルミホイール/スポーツサスペンション/HDマトリクスLEDヘッドライト/ダイナミックインディケーター付きLEDリアコンビネーションライト/Sラインロゴ付きバルコナレザースポーツシート/マットブラッシュドアルミニウムデコラティブパネル等の装備により、精悍でスポーティな印象を高めた。

アドバンス

アウディA6/A6アバント/A7スポーツバック
アウディA6/A6アバント/A7スポーツバック

18インチ5ダブルアームデザインアルミホイール/ハイビームアシスト付きLEDヘッドライト/ダイナミカレザースポーツシート/バーチャルコックピットプラス等を装備する。

アウディA7スポーツバック

シングルフレームグリルをRSスタイルのハニカムパターン(Sラインはクロームトリム付き)に変更した。

Sラインを除くベースモデル

グラファイトグレーの19インチ10Yスポークデザインアルミホイール/ハイビームアシスト付きLEDヘッドライト/ダイナミカレザースポーツシート/バーチャルコックピットプラスを採用。

Sライン

グラファイトグレーの20インチ5ツインスポークVデザインアルミホイール/スポーツサスペンション/HDマトリクスLEDヘッドライト/ダイナミックインディケーター付きLEDリアコンビネーションライト/Sラインロゴ付きバルコナレザースポーツシート/マットブラッシュドアルミニウムデコラティブパネル等を装備した。

各モデルのスポーツグレードである、アウディS6/S6アバント/S7スポーツバックも、クロームトリム付きRSスタイルのハニカムパターンのシングルフレームグリルを新たに採用した。また、S7スポーツバックはアルミホイールをグレーの20インチ5ツインスポークデザインにアップデートしていると発表されている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事