スペシャルショップ

E91 BMW 3シリーズのABS修理は京都より 3時間で修理 安心の7年保証

Jスクエアの永井です。
E91型 BMW 3シリーズのABSランプ点灯で修理をご依頼いただきました。

なんと、地元でABS修理を依頼できる業者がなかったとのことで、
京都から横浜の当社までご来店いただきました。
ちなみにディーラー様での見積もりは約40万円とのことでした。
 
 

まずは診断を行います。
当社ではBMWとの契約により、純正診断機を使用したディーラー様と同じサービスをご提供しております。
また、診断機も2台設置しているので、1台がコーディング中で数時間かかる際でも、
お待たせすることなく、作業を進めることができます。
 

入力されていた故障コードは
5DF0 DSCハイドロリックユニットポンプモーター
➡︎ DSCハイドロリックユニットポンプモーターの機械的な故障を示しています。
5DF1 DSCハイドロリックユニットポンプモーターコネクター
➡︎ SCユニットが機械的な故障、ポンプとコネクターの電源回路が遮断されています。

点灯していた警告灯は

ABS、DSC、サイドブレーキ

そしてタイヤ空気圧警告
タイヤパンクの監視システムもABSユニットで管理しているので、
このように表示されます。
 
 

続いて、ABSユニットを取り外しました。
このユニットを修理・オーバーホールします。

BMW診断機 IMIB R2を使用して、各種センサー類の波形のチェック、
正常なパルス信号を発生させているかオシロスコープモードで調べます。
 
 

今回、ABSユニット内のコイルが真っ黒焦げになっていたため、これを交換します。

さらに、基盤部分は、コンデンサやトランジスタなどを交換します。
基盤上のトラブルでは特に多い電解コンデンサの破損。
ひどい場合は中の電解液が漏れて、基盤を腐食させているケースもあります。
 
 

ABSユニットの修理が済んだら、車体への取付けとブレーキオイルの補充を行います。
当社ではDSC、ESP、VDCに対応した、Ate SL6グレードのブレーキオイルを使用しています。
輸入車のESP機能に特化したブレーキオイルです。(SL4ではESP未対応)

このオイルはDOT4規格ながら、ドライ沸点266度、ウェット沸点175度と
DOT5以上の沸点性能があるので、サーキット走行などをされるお客様にもオススメです。
また、DOT4規格ならではのオイルの耐久年数があるため、通常走行でも安心してご使用いただけます。
 

通常、2人がかりでフットブレーキを踏みながらブレーキのエア抜きを行いますが、
この方法では完全にエアが抜けきらないことがあります。
当社では、診断機を接続して、圧送機でブレーキオイルを圧送してエア抜きを実施します。
 

最後に運転者にクルマの整備状況や交換履歴、交換時期を教えてくれるシステム、
CBSの項目をリセットします。これはブレーキパッド残量や、オイルの交換時期なども教えてくれる便利な機能です。

最後にブレーキオイルを補充したので、その数値を100%に設定。
この数値がだんだん減って、10%未満になると『そろそろ交換ですよ〜』とお知らせしてくれます。

以上でBMW E91のABS修理が完了です!

脱着工賃も7年保証で安心
3時間で日帰り修理完了
専用診断機でのコーディング、ブレーキ圧送機での確実な作業

価格面でも、アフターサービスでも、ご満足いただけるサービスをご提供します!

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]

新着ニュース

ニュース一覧