スペシャルショップ

VWシロッコ ABS修理 販売店様からのご依頼 ポンプ修理、基板交換


Jスクエアの永井です。
フォルクスワーゲン・シロッコのABS修理を販売店様より承りました。
 
 


点灯していた故障ランプはこちら。

・ABS
・ESP

 
 

診断



❶ 01276 ABSハイドロリックポンプ(V64)故障
❷ 01130 ABS作動あてはまらない信号

 
❶のポンプ部分はオーバーホールで対応、
❷は基盤修理ができないため、新品交換となります。
 
 

ユニット修理

ポンプは修理対応しましたが、基盤部分は新品交換します。


基盤の新品部品に新しいシールが入っているので、
ソレノイドバルブシャフトに装着されているシールを交換します。
 


今回は基盤部分を新品交換したため、トランジスタやコンデンサの交換作業は必要ありませんでしたが
基盤も修理できる場合はコンデンサ、トランジスタなど寿命のある部品は全て交換しています。
これらを交換する事で、寿命が大きく変わります。
 
 

エア抜き作業


修理したABSユニットを取り付けた後、エア抜き作業に移ります。
ABSユニットメーカーである、Ate社製のブレーキ圧送機を使用しています。
 
 

加圧テスト〜コーディング作業


加圧テストを実施して、ブレーキオイル漏れがないかをチェックします。
 


問題がなければ、最後にコーディング作業と基本調整を実施します。
 


新品のABSユニットには装着車両のデータが入っていないため、38桁のコーディングデータを入力します。
データは各車輌のシステム、モデルなどによって数値化されています。
 


コーディングされていない状態での故障コードを読み取ります。
項目が入っていないため、設定を行っていきます。
 


各種基本調整を行うには、5桁の解除コードを入力してロックを解除、
データへのアクセス権を取得する必要があります。
 


ロックを解除後、基本調整の項目に進みます。

❶舵角センサー(G85)
❷横加速度センサー(G200)
❸ブレーキプレッシャーセンサー1(G201)
❹前後加速度センサー(G251)
❺油圧ユニットインテークバルブの基本設定
❻油圧ユニット遮断弁の基本設定

上記の6項目の基本調整をするとABSが正常に作動します。
以上ですべての作業が完了しました

今回はABSユニットの半分をオーバーホール、半分は新品交換という内容でした。
全てをオーバーホールできないケースでも、新品交換よりコストを抑えることができます。
車種、年式、故障内容によって対応方法が異なります。
ABS警告灯点灯でお困りの方は、お気軽に弊社にご相談ください。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]