スペシャルショップ

BP5型レガシィのABS修理 樹脂で固められたICは修理不能の場合も



こんにちは、Jスクエアの永井です。
BP5型スバル・レガシィのお客様がABS修理で来店されました。
  



こちらのABSユニットを修理します。
このモデルはABSユニットの『基板部分』が故障するため、
ブレーキラインを外さず、黒い基板だけを取り外します。
 
 

顕微鏡を使用しての検査



顕微鏡を使用して、配線の金属疲労・配線外れを検査します。
 



銀色の配線に断線がないか、顕微鏡で探すのですが・・・
残念ながら断線箇所はありませんでした。

断線箇所が見つからない場合は、樹脂で塗り固められた中にあるICの不具合が考えられます。
この場合ですと、人の手が届かない部分のため、点検も修理も不可能です。
そのため、弊社でも修理対応ができませんでした。
ご来店いただいたお客様、お役に立てず申し訳ありませんでした。
 
今回のように、レガシィBP5のABSユニットは修理できる確率が低く、
今のところ修理成功確率は10%程度です。
同じレガシィでもBR9型の場合は、ほぼ100%修理できています。

レガシィのABS故障でお悩みのお客様、
修理可能かどうかは実際にユニットを拝見しないとわからないことも多いため
一度ご予約の上、ご来店いただければと思います。
お問い合わせお待ちしております。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]
×