スペシャルショップ

ホンダ・インサイトのABS修理は宮城県から 故障コードは5つ


こんにちは、Jスクエアです。
ホンダ・インサイトのお客様がABS警告灯が点灯しているとのことで、
5時間もかけて宮城県からご来店いただきました。
遠方よりありがとうございます。
 
▼点灯していたランプ


メーター中央に大きく表示されています。
 
 

診断


故障箇所を特定するため、診断を行います。


 ❶ 51-1 モーターロック異常
 ❷ 52-1 モーターON OFF固着
 ❸ 18-1 リヤ左スピードセンサー
 ❹ 16-1 リヤ右スピードセンサー
 ❺ 26-1 横Gセンサー異常

それぞれの故障に対しての作業は
 ①、②▶オーバーホールで対応
 ③、④▶実測パルス信号は正常なので様子見
 ⑤▶修理後にヨーレートセンサー同期

このように対応していきます。
 
 

ABSユニット取り外し〜修理


インサイトの場合、ブレーキリザーバータンクがABSユニットの上に付いているため、
そのままABSユニットを取り外すと、ブレーキオイルがエンジンルームや
メンバー上に垂れてきてしまいます。
ですので、先にブレーキキャリパーのブリーダーからオイルを全て抜き取っておきます。


インサイトのABSユニットはこのように上から抜き取ります。
エアコン配管がそばにあるので注意が必要です。


ABSユニットは取り外し後、基板とポンプに分解し、それぞれオーバーホールします。
消耗部品を耐久性のある物に交換することで、7年の長期保証を設定できます。

基板、ポンプ共に修理が完了したら、組み立てて、車体に組み付けます。
 
 

エア抜き作業


ホンダ用のSST(特殊工具)を取り付けて、ブレーキオイルを圧送してエア抜きを行います。



 ・舵角センサー
 ・横Gセンサー
 ・ブレーキプレッシャーセンサー
 ・前後Gセンサー

最後に4項目のキャリブレーション(調整)作業を行って作業は完了です。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]