Juju(野田樹潤)ブログ

2018.10.20

12歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。第9回は、元F1チームオーナーのウォルター・ウルフさんが語ってくれたことについて。F1レーサーを目指していること伝えると、ウルフさんは驚いた表情をし、その後ゆっくりと、あることを語ってくれたのだそうです。

第9話:ウォルター・ウルフさんが語ってくれたこと ー Juju(野田樹潤)ブログ

photo:Kazuyuki Omori(大森和之)、Hideki Noda(野田英樹)

もくじ

ウォルター・ウルフさんに会った!
F1レーサーを目指していると伝えたら
エンツォ・フェラーリとの「賭け」のお話

ウォルター・ウルフさんに会った!

10月最初の週末は、元F1チームオーナーのウォルター・ウルフさんにお会いしました。

お父さんの話では、F1でデビューウィンも飾った、すごいチームのオーナーさん。スズキのバイクや、ランボルギーニ・カウンタックにもウォルター・ウルフモデルがあったりして、子どもの頃のお父さんも、とっても憧れたんだとか。

ウルフさんのチームがF1レース界で活躍したのは、1970年代のなかば。わたしが生まれたのは2006年だから、30年ぐらい前ってことですね。

うーん、歴史を感じるなぁ〜。

ウルフさんにお会いしたとき、最初はちょっと緊張していました。

だって、わたしのおばあちゃんよりも年上の方だし、お話はすべて英語だし。

あいさつまではなんとかできたけれど、英語で質問されたときには、ちょっと焦っちゃって。

でも、一生懸命英語で答えようって頑張ったんですよ! そこで、たいへん貴重なお話を聞けました。

この記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビュー。11歳、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」出場。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3に挑戦。2020年、デンマークF4を経て、2021年シーズンはアメリカF4 US→デンマークF4。
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像

        ×