クルマ漬けの毎日から

2021.08.24

クロプリー編集長は2台のスポーツカーを持っています。1台はマツダMX-5(ロードスター)、もう1台はロータス・エラン。クロプリー家のあるものをめぐって、この2台の間で戦いが始まりました。

【クロプリー編集長コラム】マツダMX-5 vs ロータス・エラン 私の愛車対決!

もくじ

愛車のエラン コンクールへ向けて
対極の個性 MX-5 vs エラン

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

愛車のエラン コンクールへ向けて

マツダMX-5(2015年製)とロータス・エラン(1991年製のM100系)に乗って、地元のコッツウォルズで短距離ドライブを楽しんだ。

どちらも私のクルマだが、エランのほうはこの冬に手に入れたばかりだ。

ソフトトップのクルマは、直射日光や雨から守りたいと思うのだが、我が家の車庫はあまり広くない。そこで近くにガレージを借りて、エランを置いている。

2020年終盤に手に入れたロータス・エラン(1991年製)。

今シーズン、エランはモータースポーツのイベントに参加しているので、その準備が必要になる。また、夏の間にコンクール・デレガンスにもデビューする予定だ。

それで自宅の車庫に置いているMX-5を、エランと入れ替えることにした。

まずはMX-5を車庫から出して洗車し、インテリアも清掃。次にMX-5に乗ってレンタルのガレージまで行き、そこでエランに乗り換える。そして自宅へ戻ってきたところ、走行距離は往復で20mile(約32km)だった。

対極の個性 MX-5 vs エラン

2台の路上におけるサイズ感は、とても似ている。

しかしそれ以外は、両者はまったく異なる。マツダMX-5のノーズは長いので、ドライビングポジションはかなり後方になる。そしてロータス・エランのほうが、キャビンにゆとりがある。

むろんこの2台には、後輪駆動と前輪駆動のハンドリング特性のちがいもあり、MX-5のほうが、ハードなコーナリングも思い描く通りにコントロールすることができる。

マツダMX-5(2015年製)

また、エランの1.6Lターボエンジンのほうが、MX-5の2.0L自然吸気よりもずっと回転数を上げる必要があるが、両者のパフォーマンスはほぼ互角だ。

エランの乗り心地は、30年前に製造されたクルマとは思えないほど快適で素晴らしい。それに(私が絶賛している)フロントサスペンションのジオメトリーは、トルクステアがまったく出ないように設計されている。

MX-5の住処、クロプリー家の車庫に収まったエラン。

ところで今日、MX-5は自宅の車庫という、いわばポールポジションを失った。

長年の住処に戻ってくるために、MX-5はエランにどのように反撃するだろうか。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        ×