クルマ漬けの毎日から

2021.03.17

クロプリー編集長は、愛車のマツダMX-5(ロードスター)で真冬の長距離ドライブを楽しみました。久しぶりにMX-5を走らせ、新たな発見があったとのこと。そして長距離ドライブの後には、あの作業が待っています。

【クロプリー編集長コラム】マツダ・ロードスターで楽しむ、真冬の長距離ドライブ

もくじ

スポーツカーへの偏見
トップを開けて スリルを楽しむ

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

スポーツカーへの偏見

ホリデーシーズンのドライブは、捉えどころがない。道路の交通量はなぜか異常に少ない日もあれば、どうにも混雑している日もある。

つまり、混雑していない日を的確に選んで出かけることが、快適なドライブのポイントになるが、この30年以上うまくいった年は一度もない。

それでもこの冬の休暇中、「スポーツカーは天気のいい日だけのもの」という愚かな偏見を克服することはできた。

真冬の悪天候のなか、愛車のマツダMX-5(ロードスター)で約240kmのドライブを実行したのだ。

このMX-5は、2015年から2016年にかけてAUTOCAR編集部(英国版)が長期テストしていた個体で、その後は私がオーナーとなり、この4年間ドライブを楽しんでいる。

トップを開けて スリルを楽しむ

MX-5にひと月くらい乗らないと、どれほどこのクルマが素晴らしいかを再認識する。

何とも嬉しいご褒美だ。

それに久しぶりに運転すると、コンパクトで居心地がよく、機能的であることにもあらためて驚かされる。

さらに、寒さに負けずトップを開ければ、ちょっとしたスリルも味わえる。MX-5に内蔵された正確性とコントロール性能を楽しみたいがために、路面のグリップが低いことを願いたくなる時さえあるのだ。

そして、悪天候のドライブを終えて帰宅すると、今度は洗車が待っている。

凍える寒さのなかの洗車は大変だが、私にとってMX-5は、それだけの価値があるクルマだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 
 

人気記事