クルマ漬けの毎日から

2021.01.31

昨年11月、クロプリー編集長は1991年製のロータス・エランを手に入れました。その住処は自宅の車庫ではなく、賃貸の専用ガレージに決定。イギリスの冬は湿気が気になる季節なので、管理には気を遣います。

【クロプリー編集長コラム】愛車ロータス・エランのガレージ

もくじ

はじめての本格ガレージ
ガレージとホテル 共通点
わかってきた! エランのこと

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

はじめての本格ガレージ

最近購入したロータス・エラン(M100系)を預けている、レンタルガレージへ行ってきた。このガレージは自宅の近くにある。

この日の目的は、写真を撮ることだった。というのも、まもなく姉妹メディアの「クラシック&スポーツカー」に、このエランについて寄稿することになったからだ。

ところで、これまで私は、ちゃんとしたガレージを持ったことがなかった。

イギリスでは冬が1年でもっとも湿気を感じる季節なので、今は特に我が家の車庫(兼納屋)で適切な管理をするのは難しい。そこで、買ったばかりのクラシックカーは、湿気の心配が無用で、また換気も行き届いたレンタルガレージで保管することにしたのだ。

そしてエランのバッテリーには、長期間つないだままにしておいても安心な、トリクル充電器を接続しておく。このガレージの賃貸料は、月に100ポンド(約1万3500円)。1万ポンド(約135万円)という安い価格で購入したクルマではあるが、このガレージ代を支払う価値は十分あると思っている。

ガレージとホテル 共通点

ところで、ガレージの選択に際して、いくつかのことを調べてみた。

わかったのは、安心してクルマを置いておけるガレージ選びと、ホテルの部屋選びには共通点があることだ。

クロプリー編集長は過去に8台のロータスを所有。このエランは9台目。

つまり、経済性を重視する人もいれば、壁に油絵が掛けられた空間にフェラーリ・デイトナを預けるために、月額400ポンド(約5万4000円)支払う人もいる。

これはホテルでいえば、前者は安いトラベルロッジ、後者はリッツといったところだろうか。

両者の料金はまったく異なる。だが、どちらもきちんとした宿泊設備を利用者に提供してくれる。

わかってきた! エランのこと

1週間後、再びエランのガレージへ行った。

天気は良くなかったが、古くて新しい我がエランを、ようやく地元のコッツウォルズで5kmほど走らせることができた。

そして、このクルマのおおよそのことがわかり、手に入れて本当に良かったと、あらためて思っている。さまざまな調整が必要ではあるが、この先楽しくチューニングをしていくだろう。

このエランは手放さず、ずっと手元に置いておきたい。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ