クルマ漬けの毎日から

2024.06.05

パンデミックが始まってまもない2020年4月、偉大なレーシングドライバーのスターリング・モスが亡くなりました(享年90歳)。今年5月、彼を追悼する礼拝がロンドンのウェストミンスター寺院で行なわれました。

偉大なレーシングドライバー、スターリング・モスの追悼式【クロプリー編集長コラム】

もくじ

2000人参列 ジャッキー・スチュワートも

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

2000人参列 ジャッキー・スチュワートも

2000人の人たちとともに、私は荘厳なウェストミンスター寺院の中にいた。故スターリング・モスの素晴らしい人生を振り返り、追悼する礼拝がロンドンのウェストミンスター寺院で行なわれたのだ。

スターリング・モスはおそらく世界一よく知られたレーシングドライバーであり、また間違いなく最高に素晴らしいレーシングドライバーの1人。

1955年のミッレミリアではメルセデスベンツ 300SLRを走らせ、10時間7分48秒(平均速度157.7km/h)の大会記録で優勝。その300SLRに2015年に再会。

AUTOCARの元取締役でジャーナリストのサイモン・テイラーは、友人だったモスのことを雄弁に語った。また元レーシングドライバーのジャッキー・スチュワートも、いつもの彼らしく手元の原稿なしで、モスが初めて彼のことを友人と呼んだ時の嬉しい思い出を語った。

ウェストミンスター寺院の司祭は熱狂的なクルマ好きというわけではないが、彼の父が愛読していたモータースポーツ雑誌(モスがその表紙)の思い出話をし、モスのことを「高徳で誠実な人だった」と語った。彼の友人もみな、スターリング・モスはまさにそういう人だったと記憶している。

モスの息子、エリオットに会えたことは嬉しい出来事だった。式典後、エリオットは素晴らしい追悼式になったことをとても喜んでいた。彼は父スターリングの有名なハーバート・ジョンソン製のヘルメットをかぶり、父親譲りの笑顔を見せていた。

記事に関わった人々

  • 執筆

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像