ホンモノ派の3列シートSUV キャデラック「XT6」のオン/オフ着こなし術

公開 : 2022.03.11 15:45

もくじ

ラグジュアリーの本質 6人乗りSUVで
ホンモノって心地いい 3列目を体験
仕事モードは、上質・先進性で差をつけろ

AUTOCAR JAPAN sponsored by GM JAPAN
執筆:Remi Kohara(小原れみ)
撮影:Yoshihisa Miyazawa(宮澤佳久)
編集:Tetsu Tokunaga(徳永徹)

ラグジュアリーの本質 6人乗りSUVで

定番のセダンからSUVへと主力モデルのシフトが加速する、高級車ブランドのキャデラック。

今回フィーチャーするXT6は、エスカレードに次ぐ大型ラグジュアリーSUVで、3列シートを備えた左ハンドル6人乗り。アメ車大好物の筆者が対面を心待ちにしていた1台だ。

アピアランスは想像以上の存在感を放っていて、アメ車らしい雰囲気になぜかほっと胸をなで下ろす。

前回試乗したXT5とプラットフォームが共通で、車幅はそれほど大差なく、全長が20cmほど長くなった程度。しかしながらその存在感は際立っており、決して威圧的ではなく、気品のある貫禄に満ちたものだ。

「無駄のない筋肉を持つアスリート」をイメージしたというボディは、陰影が美しいエッジの効いたプレスラインとグラマラスなフォルムで構成される。

精かんなフロントマスクは、垂直のノーズセクションを組み合わる縦型のLEDランニングライトが特徴的だ。

こうした大胆な造形美がエクステリアの完成度を高めており、都会の夜に映えるようなエレガントで艶やかな印象を持った。実際に横浜中華街で走らせてみたが、映画のワンシーンのようだとひとり大興奮!

サードシートを確保するためにXT5に比べるとオーバーハングが少し長くなったが、それを感じさせない均整のとれたボディ・プロポーションが魅力だと感じた。リアビューのテールライトやデュアルエグゾースト一体のリアフェイシアのデザインは、気流の流れを整えるよう機能面でもサポートする。

車内に1歩踏み入れると……

インテリアには天然木、本革、金属など、選び抜かれた素材を採用。ひと目で上質だとわかる洗練された車内空間が広がる。

格式高い雰囲気だが、実際にシートに座るとリラックス効果が高く、欧州車にはない肩肘張らない独特の世界観がこの車両の魅力だと感じだ。

ではXT6という車両は実際にどのようなライフスタイルにマッチするだろうか。

▶️キャデラックXT6 公式サイトを見る

関連テーマ

おすすめ記事


キャデラックの人気画像