徳永徹

徳永徹のニュース/新車情報/試乗記

1975年生まれ。2013年にCLASSIC & SPORTS CAR日本版創刊号の製作に関わったあと、AUTOCAR JAPAN編集部に加わる。クルマ遊びは、新車購入よりも、格安中古車を手に入れ、パテ盛り、コンパウンド磨きで仕上げるのがモットー。ただし不器用。

徳永徹の記事

【別世界の静けさ?】ロールス・ロイス初、超高級車こそEVのワケ

公開 : 2021.09.29 21:00  更新 : 2021.10.11 13:55

ロールス・ロイスが、初の市販EV「スペクター」の存在を明らかに。超高級車メーカーにとって、電動駆動こそ真のラグジュアリーと説...

【またも軽規格】ケータハム「セブン170」 日本資本となって初の新型車

公開 : 2021.09.23 19:00  更新 : 2021.10.11 13:55

ケータハムが、軽スポーツの新型車を発表! 「セブン170」の日本価格、スペック、エンジンを解説します。本日から発売です。

【弱点は?】急速に普及する「デジタルインナーミラー」 メリット/デメリット を考える

公開 : 2021.09.21 19:45  更新 : 2021.10.11 13:55

デジタルルームミラーを使うと、解像度の高さに驚かされます。しかし、機能面で弱点も。軽でも選べる時代になったので、理解しておき...

【一新の狙いは?】仏プジョー ブランドのキーカラー、紺から黒へ

公開 : 2021.09.20 11:15  更新 : 2021.10.11 13:55

プジョーが、ブランドのキーカラーを世界的に「黒」へ変更。どんな狙いが隠されているのでしょう。過去の色使いから探ってみました。...

【トヨタの考えは?】脱炭素時代 1.5兆円が動く、電池の開発・安定供給への道筋

公開 : 2021.09.08 19:45  更新 : 2021.10.11 13:55

狙いは何だったのでしょう? トヨタが突然開催した、脱炭素への取組みの説明会。歴代ハイブリッド車の成果、全固体電池のEVについ...

【何が起きてる?】半導体不足、自動車産業に甚大な影響 その理由と今後

公開 : 2021.09.02 19:45  更新 : 2021.10.11 13:55

半導体不足に揺れる自動車の工場。いったい何が起きていて、なぜこれほど長引くのでしょう。要因を1つ1つ探ってみました。

【じっくり見たい】NSXタイプS日本仕様 これでホンダNSXは終わりなのか?

公開 : 2021.08.30 11:42  更新 : 2021.10.11 13:55

ホンダが「NSXタイプS」を日本公開。これで、NSXは終わるのでしょうか。価格は2794万円。開発陣に取材をしてきました。

【注目したい】バイデン政権のEVシフト 全EV化の欧州に追従しない道

公開 : 2021.08.24 06:15  更新 : 2021.10.11 13:56

欧州とアメリカでは、EV推進のプロセスが大きく異なります。バイデン政権が掲げたのは、新車の半分についてのEVシフト。エンジン...

【なぜ復活?】ポータブルナビのマーケット スマホ全盛時代に、何が起きているのか

公開 : 2021.08.11 06:45  更新 : 2021.10.11 13:56

ポータブルナビ(PND)の市場に異変が。一強とされるパナソニック「ゴリラ」のマーケットに、JVCケンウッドが「ココデス」を投...

【時代が変わる】正統なランボルギーニの最終章 ウルティメが伝えたいものとは

公開 : 2021.08.04 06:45  更新 : 2021.10.11 13:56

NSXの生産終了に加え、ランボルギーニも1つの時代が終わりに。NA V12ピュアエンジンの最後の猛牛「ウルティメ」は、何を伝...

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像