スーパーカー、買って終わりでいいの? サーキットで実力引き出す 「CORNES Driving Academy」行ってみた

公開 : 2023.12.27 11:45

新たな発見 何より「贅沢」

午前中の鈴鹿ツインサーキットでのプログラムの最後にはフリー走行が行なわれた。先導車無し、自分のペースで走行して、ここまで吸収してきたものをチェックする。

いよいよSF90で全開! エンジンだけでも780psあるところ、電気モーターが瞬時に発生するパワーとトルクで加勢する加速は超強烈で、1000psの威力をまざまざと体感できたし、まるでライトウエイトスポーツカーかと思わせる軽快きわまりないフットワークも存分に堪能できた。

おまけに、恥ずかしながらのトップタイムも記録。さあ、午後はいよいよ鈴鹿サーキットフルコースである。

走行したグループごとに隊列を組んで鈴鹿ツインサーキットを離れ、午後の走行に備えて全車、ガソリンスタンドへ。その後にいよいよ鈴鹿サーキットへ入場していく。

まずはランチの時間である。サーキットのホスピタリティラウンジに用意された会場で季節のメニューが用意されたブッフェを楽しみ、しばし歓談。この日は気温が低かったので、しっかり暖まってから午後のプログラムに臨む。

走行に先立って、コースの徹底解説が行なわれた。各自この時はヘルメットは無し、同伴者の方も一緒にクルマに乗り込み講師の後をついていくと、第2コーナーで停止。何とクルマの外に出て、コース上で講師が攻略法を教えてくれる。

走行していると気づきにくい勾配、傾斜、縁石の高さや滑りやすさなどを実際に確認しながらの説明は、新たな発見があるだけでなく、何より贅沢。

S字、デグナー、ヘアピン、スプーン…………と、1周したのちピットに戻ったら、いよいよ休憩、そして走行準備に入る。

記事に関わった人々

  • 撮影

    小川亮輔

    Ryosuke Ogawa

    1986年生まれ。幼少期から父親の影響でクルマに惹かれている。独身時の愛車はシボレー・コルベットC5 V8 5.7Lのミレニアムイエロー。現在はレンジローバーV8 5.0L(3rd最終型)に家族を乗せている。2022年、SNSを通してAUTOCAR編集部の上野太朗氏に発掘される。その2日後、自動車メディア初仕事となった。instagram:@ryskryskrysk

関連テーマ

おすすめ記事


フェラーリの人気画像