国内メーカー、2014年11月の生産台数・販売状況

2014.12.24

トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、三菱、マツダ、ダイハツ、スバルの国産各メーカーは、12月24日、2014年11月の生産台数・販売状況を発表した。

トヨタ

国内生産台数 258,814台 前年同月比97.0%
海外生産台数 473,011台 前年同月比93.3%
総生産台数 731,825台 前年同月比94.6%
国内販売台数 118,988台 前年同月比91.5%
輸出台数 150,058台 前年同月比99.1%
  • 国内生産は、25.9万台(前年同月比97.0%)と、前年同月実績を下回った。
  • 国内販売は、11.9万台(前年同月比91.5%)と、前年同月実績を下回った。レクサスブランド車の販売は、3,718台(前年同月比93.1%)。軽自動車の販売は、2,699台(前年同月比69.6%)となった。除軽市場におけるシェアは、48.6%(前年同月差+3.0ポイント)となった。なお、含軽市場におけるシェアは、28.6%(前年同月差+0.2ポイント)となった。
  • 輸出は、北米・中南米・アジア・オセアニア・アフリカに向けた輸出が減少し、15.0万台(前年同月比99.1%)と、前年同月実績を下回った。
  • 海外生産は、北アジア・オーストラリア・アフリカで減少し、47.3万台(前年同月比93.3%)と、6ヶ月振りに前年同月実績を下回った。

日産

国内生産台数 62,806台 前年同月比79.8%
海外生産台数 371,396台 前年同月比97.2%
総生産台数 434,202台 前年同月比94.1%
国内販売台数 46,081台 前年同月比86.0%
輸出台数 40,313台 前年同月比77.6%
  • 国内生産は、主に北米向け新型「ムラーノ」の現地への生産移管により、62,806台(同-21.1%)と前年実績を下回った。
  • 国内販売は、46,081台(同-14.0%)と前年実績を下回った。国内登録は、27,294台(同-24.0%)と前年実績を下回った。軽自動車は、18,787台(同+6.4%)と前年実績を上回り、11月として過去最高を記録した。
  • 海外生産は、371,396台(同-2.8%)と前年実績を下回った。米国は、主に「ローグ」の台数増により、74,953台(同+2.1%)と前年実績を上回り、11月として過去最高を記録した。メキシコは、主に「セントラ」および「マーチ」の台数増により、67,780台(同+19.4%)と前年実績を上回り、11月として過去最高を記録した。英国は、45,052台(同-7.7%)と前年実績を下回った。スペインは、主に新型「パルサー」が純増となったものの、「プリマスター」およびルノー「トラフィック」の生産打ち切りのため、10,228台(同-3.7%)と前年実績を下回った。中国は、114,716台(同-16.3%)と前年実績を下回った。その他の地域は、58,667台(同+6.1%)と前年実績を上回った。
  • 輸出は、40,313台(対前年同月比-22.4%)と前年実績を下回った。

ホンダ

国内生産台数 62,044台 前年同月比64.1%
海外生産台数 309,153台 前年同月比102.6%
総生産台数 371,197台 前年同月比93.2%
国内販売台数 51,472台 前年同月比69.5%
輸出台数 2,205台 前年同月比25.6%
  • 11月単月の主な車種の販売実績は、登録車では「フィット」11,027台(登録車名別3位)、「VEZEL」6,157台(登録車名別10位)、届出車では「N-BOX」13,141台(届出車名別3位)、「N-WGN」8,656台(届出車名別6位)だった。

スズキ

国内生産台数 87,102台 前年同月比102.0%
海外生産台数 171,723台 前年同月比108.9%
総生産台数 258,825台 前年同月比106.5%
国内販売台数 65,678台 前年同月比110.7%
輸出台数 11,425台 前年同月比116.2%
  • 国内生産は、輸出向けが増加し、前年を上回った。
  • 海外生産は、インド、中国等で増加し、前年を上回った。
  • 国内販売は、軽四輪車は、ハスラー、ワゴンR等が増加し、前年を上回った。登録車は、スイフト等が減少し、前年を下回った。軽四輪車と登録車を合わせた国内販売は前年を上回った。
  • 輸出は、アフリカ、大洋州、中近東等で増加し、前年を上回った。

三菱

国内生産台数 46,655台 前年同月比80.2%
海外生産台数 50,963台 前年同月比 90.7%
総生産台数 1 97,618台 前年同月比 85.4%
国内販売台数 8,405台 前年同月比74.5%
輸出台数 29,185台 前年同月比88.9%
  • 国内生産は、2014年8月以来、4ヶ月連続前年比減(前年比80.2%)。
  • 海外生産は、2014年5月以来、7ヶ月連続前年比減(前年比90.7%)。
  • 国内販売は、2014年6月以来、6ヶ月連続前年比減(前年比74.5%)。
  • 輸出は、2014年3月以来、8ヶ月ぶり前年比減(前年比88.9%)。

マツダ

国内生産台数 62,492台 前年同月比73.4%
海外生産台数 40,405台 前年同月比59.3%
総生産台数 102,897台 前年同月比90.3%
国内販売台数 18,689台 前年同月比98.9%
輸出台数 56,242台 前年同月比72.0%
  • 国内生産は、乗用車と商用車がともに減となり、前年同月実績を下回った(-26.6%)。
  • 海外生産は、乗用車が増となり、前年同月実績を上回った(+40.7%)。
  • 国内販売は、乗用車が増となり、商用車が減となり、前年同月実績を下回った(-1.1%)。シェアは、登録車が6.3%(前年同月差+1.1ポイント)、軽自動車が2.0%(同-0.4ポイント)、総合計は4.5%(同+0.4ポイント)だった。
  • 輸出は、北米、欧州などの減により、前年同月実績を下回った(-28.0%)。

ダイハツ

国内生産台数 42,984台 前年同月比81.4%
海外生産台数 24,313台 前年同月比82.9%
総生産台数 82,004台 前年同月比81.8%
国内販売台数 56,522台 前年同月比96.4%
輸出台数 744台 前年同月比116.1%
  • 国内生産は、55.8万台(前年同月比81.4%)と、前年同月実績を下回った。
  • 国内販売は、5.7万台(前年同月比96.4%)と、2ヶ月振りに前年同月実績を下回った。
    そのうち、軽自動車の販売は5.6万台(前年同月比96.5%)と、2ヶ月振りに前年同月実績を下回った。軽市場におけるシェアは、31.9%(前年同月差-0.4ポイント)となった。
  • 輸出は、中南米・アジア・アフリカに向けた輸出が増加し、0.7千台(前年同月比116.1%)と、3ヶ月振りに前年同月実績を上回った。
  • 海外生産は、インドネシアで減少し、2.4万台(前年同月比82.9%)と、前年同月実績を下回った。

スバル

国内生産台数 57,923台 前年同月比99.7%
海外生産台数 18,003台 前年同月比135.6%
総生産台数 75,926台 前年同月比106.9%
国内販売台数 11,578台 前年同月比88.2%
輸出台数 47,486台 前年同月比89.1%
  • 国内生産は、北米市場の販売が引き続き好調なことと、新型レガシィの生産が本格化したことにより、前年超えとなった。
  • 海外生産は、新型レガシィ、アウトバックの販売が引き続き好調なことにより、前年超えとなった。
  • 国内販売は、登録車は、レヴォーグやWRXシリーズが好調なものの、前年割れとなった。軽自動車は、ステラなどの販売が減少したことにより、前年割れとなった。
  • 輸出は、引き続き北米市場の販売は好調なものの、前年11月の台数が、台風影響により一部出荷分について前年10月から前年11月へ延期したことにより大幅に多かったため、前年割れとなった。
 
最新国内ニュース