ジャガーXF vs BMW 5シリーズ

公開 : 2015.11.17 23:30  更新 : 2017.05.29 19:30

突然、ジャガーに追い風が吹き出した。そう思う。

ジャガーが立ち位置としての主流メーカーになるには年間何台の生産が必要だろう? これは神のみぞ知る数字でる。

ただこれだけはいえる。ドイツのマニュファクチャラーに求められている数字よりは遥かに少ないということを。

キーとなるのは、ジャガーが典型的なプレミアム・ブランドではないということだ。

少なくとも私にとって、ジャガーはクルマ好きのなかでの少数派に支持されるメーカーであり、これからもそうありつづけるだろうと思っている。

運転を愛する人が求める、ハンサムで目的意識がしっかりとした現実的なドライバーズカーというのがジャガーなのだ。

ドイツのライバルと異なった味付けがなされている、という条件も付け加えておこう。

見た目がトップ・クラスである必要はない。エンジニアリング部門が巨大組織である必要もない。240km/h以上で移動できる小部屋である必要も駐車場のステータス・シンボルである必要もない。

ここでグッド・ニュース。

ジャガーは上記すべてを満たすクルマを完成させた。このページの主役、新型XFである。

8年にわたって変更がなされなかったXFは(誰にも気づかれないかもしれないが)効果的にあたらしく生まれかわったのだ。

 
最新試乗記

人気記事