スズキ・バレーノ1.0ブースタージェット

公開 : 2015.11.17 23:20  更新 : 2017.05.29 18:41

スイフトのかたわらで販売される実用的なスーパーミニというのが新型バレーノの立ち位置。広い内装スペースと充実の装備が売りではあるのだが……。

■どんなクルマ?

普段われわれが、新型車を試乗する際にはさまざまな情報が提供される。しかしこのバレーノの試乗は違っていた。

スペイン某所でテストした際、われわれにはコストや装備、そして0-100km/hタイムさえ知らされなかったのだ。

スズキはバレーノの初期のプロトタイプを試してほしいと願っていたのだが、正式な製品化の承認がなさていなかった。あるいはUK仕様のスペックが確定していなかったからだろう。

しかし私はプロダクト・チーム所属のとあるひとりのナイスガイと出会った。断片的ではあるが彼はいくつかの大切な情報を教えてくれた。

英国での販売開始は来年の5月。バレーノは現行スイフトと同列で販売されるとのことだ。スイフトはバレーノよりもスポーティなモデル、バレーノはよりプラティカルなモデルという棲み分けである。

トリム・レベルは2展開。価格帯は£12,000(223万円)〜£14,000(261万円)となり、周囲でいうとフォード・フィエスタスコダ・ファビアと轡を並べることになる。

エントリー・グレードでもナビ/7.0インチ・インフォテインメント・スクリーン、ブルートゥース、16インチ・アロイ・ホイールは標準。タコ・メーターとスピード・メーターのあいだには4.2インチのTFTスクリーンが設置される。gメーターを含むドライビングにまつわるデータをすべて表示するためである。

トップ・グレードのモデルにはアダプティブ・クルーズ・コントロールやフロント・アラートつきのシティ・ブレーキ、オート・エアコン、前後左右の電動ウインドウが標準で組み合わされる予定だそうだ。

 
最新試乗記