アウディTT RSの最新テスト風景

公開 : 2015.11.24 22:50  更新 : 2017.06.01 01:41

アウディTT RSは来年デビュー予定だが、そのテスト風景をキャッチすることに成功した。

しかし、そのスペックはベールにつつまれたままで、ロータス・エヴォーラS、メルセデス-AMG A45、ポルシェ・ケイマンGT4をベンチマークとして同行してテストが行なわれていた。

TT RSは5気筒ターボのガソリン・エンジンが搭載される。しかし、RS3に搭載されている2.5ℓがそのまま搭載されるかどうかは不明。パワーはどうやら367ps以上で、310psの2.0ℓ4気筒を搭載するTT Sよりももちろん大きなものとなりそうだ。また、エンジン・ブロックがそれまでのスティールからアルミニウムとなる最初の5気筒ユニットになるかもしれない。

このユニットは、当初ジェッタのノンターボに搭載されているもので、これをターボ化して400ps以上を稼ぎだすことになりそうだ。その結果、パフォーマンスは、0-100km/hが4秒以下、トップスピードは290km/h以上となる。

TT RSが400ps以上であるなら、ライバルよりもパワー的には優位に立つこととなる。AMG A45は381ps、ケイマンGT4が385ps、そしてエヴォーラSが350psという値だ。

エンジンがどのようなスペックになろうと、駆動方式は4WDのみで、ギアボックスは7速デュアル・クラッチのみ。スタイリングは、フロントおよびリア・バンパーがリデザインされ、フロント・エンドには大きなエア・インテイクと、オーバルのエグゾースト・ノートを持つ。また、プロダクション・モデルには大きなリア・スポイラーも追加されることになろう。

 

人気記事