次世代ポルシェ911がテスト開始

公開 : 2015.11.24 22:40  更新 : 2017.06.01 01:41

2018年にデビューが予定されている次世代のポルシェ911の初期のテスト風景だ。

今回フェイスリフトされたばかりの現行911のボディを被せられたモデルを使って、シャシー・テストが行なわれていると思われる。外観上は、より張り出したホイールアーチと、フューエル・フィラー・キャップにカバーがされているのが、唯一の違いだ。

ポルシェ911の製品サイクルは一般的には8年。現行の991は2012年デビューだが、次の911は早めの2018年デビューが予定されている。また、この新しい911は、初めてハイブリッド・ユニットを搭載するモデルともなりそうだ。

ポルシェのプロダクト・ライン・ディレクターであるエアハルト・モスルは、「われわれは2020年までにCO2レギュレーションを満たさなければならない。」とし、ハイブリッド・ユニットの搭載を認めている。また「911は常に進化しているが、革命ではない。常に段階的に行なわれる。」としている。

また、インテリアでは、新しい911にはアウディTTやA4に採用されたデジタル・ダッシュボードが採用される予定。

なお、次世代の911がデビューする前に、来年のジュネーブ・モーターショーでは現行モデルのスペシャル・モデルとして911Rが登場する予定。この911Rは、2017年に911R生誕50周年を祝うモデルとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事