キャデラックCT6を国内発表

2016.04.26

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、フルサイズ・プレステージ・セダンのCT6を、今年9月に販売すると発表した。

文字通りキャデラックのラインナップのトップとなるモデルで、ATSCTSの上位にラインナップするモデル。

そのプラットフォームは3点の高圧鋳造アルミニウム部品を使用した軽量かつ高剛性の新しいオメガ・アーキテクチャー。これに新開発の3.6ℓV6ダイレクト・インジェクションDOHCを搭載する。このエンジンは、スタート/ストップ機構のほか、パーシャル時に2気筒を休止させるシリンダー・ストップ機構を採用。これにパドル・シフトを備える8速オートマティックが組み合わせられる。パワーは340ps/6900rpm、トルクは39.4kg-m/5300rpmという値だ。

駆動方式はアクティブ・オンデマンドAWDのみで、アクティブ・リア・ステアと名付けられた4WSを装備する。これによってフルサイズのボディながら、CTSとほぼ同様の11.4mという最小回転半径を確保している。

サスペンションは、フロントにアルミニムを多用したショート・ロングアームと称するマルチリンク(5リンク)を採用。ショファー・ドリブンではなくドライバーズ・カーとして運転して愉しいセッティングがされている。

インテリアは、インフォテインメント・システムにCUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)を採用。また、Apple CarPlay、Andoroid Autoにも対応している。更に34スピーカーを備えるBOSEパナレイ・オーディオ・システムを市販車としてはじめて採用している。

ラグジュアリーな装備としては、セミアニリン・フル・レザー・シート、20ウェイ・フロント・パワー・シート、8ウェイ・リア・パワー・シート、マッサージ機能付きシート、10インチのデュアル・ディスプレイを備えた後席エンターテイメントなどを装備。安全装備としては、エマージェンシー・ブレーキ・システム、フォワード・コリジョン・アラーム、レーン・キープ・アシスト、レーン・チェンジ・アラート、サイド・ブラインド・ゾーン・アラート、リア・クロストラフィック・アラート、TCS、BAS、HSA、リアビュー・カメラなどが備わる。

価格は、9,980,000円。

またこのCT6の発表と同時に、従来キャデラック・シボレー◯◯となっていた拠点名を、キャデラック◯◯、シボレー◯◯と名称変更し、差別化を図ることも発表された。キャデラックは17店舗、シボレーは6店舗展開となり、これにサテライト・販売協力店が14店舗というネットワークとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×