キャデラックCT6プラチナム

公開 : 2016.07.15 05:40  更新 : 2017.05.29 18:32

キャデラックの新型ラグジュアリー・サルーンの動的性能は評価するが、いざヨーロッパのライバルと比べると、修正を望みたい部分も少なからずある。

■どんなクルマ?

キャデラックは、ヨーロッパ市場を跋扈するプレミアム・セダンに本気で挑もうとしている。BMW7シリーズやメルセデス・ベンツSクラスジャガーXJが具体的に勝負を仕掛ける相手である。

対抗馬として生まれたキャデラックCT6は、みずからのスポーティネスを全面に打ちだし、スチールとアルミを混用することで軽量化を実現している。心臓部には、3.0ℓV型6気筒ガソリン・エンジンが収まっている。

駆動方式は4WDも用意されており、4輪ステアや ‘マグネティック・ライド’ 可変ダンピング・システムなど、動的性能の向上にも力を注いでいるようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×